Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

  ティントリ、仮想専用ストレージ新製品を出荷‐‐「Tintri VMstore」のラインアップを拡張

  2013/10/30 22:20

 ティントリジャパンは10月30日、仮想環境の専用ストレージ「Tintri VMstore」のラインアップに新たに「T600」シリーズ2機種を加えた。また、複数のVMstoreを統合管理するための管理プラットフォーム「Tintri Global Center」を発表した。価格はVMstore T620の場合で1480万円から、T650の場合で2780万円からで、同日から出荷開始。また、Tintri Global Centerは2013年12月をめどに出荷を開始する。

「Tintri VMstore」の出荷台数は600台以上、ユーザー企業300社超

 Tintri VMstoreは、VMware vSphereのデータストア利用に特化したストレージ製品だ。HDDとSSDを組み合わせ、専用のOS上で仮想マシン(VM)や仮想ディスクを管理することで、高速なアクセスとレスポンスを実現している。また、VMの状況をシステム側で自動的に認識し、QoSを最適化することから、専任の管理者を必要としない点も特徴という。

 ティントリジャパン合同会社で職務執行者社長を務める河野通明氏
ティントリジャパンで職務執行者社長を
務める河野 通明氏

 Tintriは、VMwareのR&D担当エグゼクティブVPだったKieran Harty氏が2011年に設立したベンチャー企業だ。これまではVMstore T540の1機種だけを提供してきたが、新機種が加わり、計3機種のラインアップとなった。また、日本ではこれまで、ノックスと丸紅情報システムズの2社を販売代理店として、東芝ITサービスとユニアデックスをサポートパートナーとして、製品を展開してきた。新製品の展開にあたって、今回新たにネットワンパートナーズと富士通エフサスが販売代理店に加わった。

 ティントリジャパンで職務執行者社長を務める河野通明氏は、ビジネスの現況について「ワールドワイドでの出荷台数は600台以上、ユーザー企業300社を超えた。国内でも市場シェア10%を維持している。リピートオーダーが多いのが特徴で、1社で7~8台、最大では28台を利用しているケースがある。認知度も徐々に広がっている」と説明した。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 齋藤公二(サイトウコウジ)

    インサイト合同会社 「月刊Computerwold」「CIO Magazine」(IDGジャパン)の記者、編集者などを経て、2011年11月インサイト合同会社設立。エンタープライズITを中心とした記事の執筆、編集のほか、OSSを利用した企業Webサイト、サービスサイトの制作を担当する。

バックナンバー

連載:EZ Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5