Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

第1回 今、Rubyがエンタープライズで使われるために必要なこと

  2008/08/06 11:00

エンタープライズ領域へRubyはその活用の場を広げている。Rubyをエンタープライズ領域で利用することにはどのようなメリットがあり、どのような課題があるのか。第1回となる本稿では、エンタープライズ領域においてRubyをとりまく環境について解説する。

はじめに

 Rubyで頑張っている地方都市「松江市」で、エンタープライズ分野でのシステム開発を実施した経験と私のメインフレーム開発やCSS開発の経験から、Rubyのエンタープライズ利用について、まとめてみたいと考えた。

 小生、現在55歳。昭和51年(1976年)からソフトウエア開発に携わっており、メインフレームでのオンライン・データベースシステムの開発、特に金融機関の勘定系オンライン開発やアクセス・VBによるオープンシステムの開発、CSSの三階層開発、JavaによるWebアプリの開発などを現場で見てきた。今回、自治体の基幹業務をRubyで開発することになり、非常に楽しい経験をさせてもらうことができた。

顧客企業の受け入れ状況について

 Rubyは、Webアプリケーションを中心に利用実績を伸ばしており、楽天やニフティといった大手企業でも採用されている。しかし、一般的な顧客への浸透はまだまだという状況だ。

 自治体について言えば、そのほとんどが、地方交付税の削減により厳しい財政状況になっており、システム費用も例外ではない。出来る限り費用の掛からないよう、実績のあるパッケージを必要最小限の改造で導入することが好まれる状況にある。

 また、地域住民の情報を扱う基幹業務においては、間違いが許されない。システムのバグやトラブルは、行政と住民との信頼関係を損なうものとなるので、非常に高い品質が要求される点も特徴である。

顧客側のイメージ

 松江市(松浦正敬 市長)では、平成18年より「Ruby City Matsue」というプロジェクトを立ち上げ、Rubyによる産業振興を進めている。このため、他の都道府県よりはRubyでのシステム構築が推進されていたが、その適用範囲はWebでの情報提供や情報収集などの付帯業務までにとどまっていた。

 そんな中、平成19年3月に松江市長より、Rubyに適した基幹業務開発は何かと問われる機会があり、その調査をすることになった。これがRuby開発に触れることとなった最初のきっかけである。

 Rubyは、Webアプリ開発では生産性が高いことが注目されており、多くの実績があった。特にスピードが勝負と言われるインターネットのシステムでは、高い評価を受けていた。しかし、基幹業務となるとほとんど実績がないに等しい状況であったことも事実だ。

 また、自治体の基幹業務はすでに開発が完了し稼動しているものがほとんどである。いくら基幹業務の開発をRubyで構築したいと言っても、すでに稼動しているシステムを単にRubyに置き換えるだけでは、費用対効果の観点で承認されない状況だと思われた。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 吉岡 宏(ヨシオカ ヒロシ)

    (株)マツケイ 代表取締役社長  1953年1月生まれ。1976年(昭和51年)からソフトウエア業界に身を置く。その間、メインフレームのOS・ミドルウエアの開発から始まり、フィールドでのSIやパッケージ開発・適用を第一線で指揮して来た。  現在、島根県情報産業協会:副会長、NPO法人ITCしまね...

バックナンバー

連載:Ruby on Railsとエンタープライズの現在
All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5