EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

データのインポートとエクスポート(2) 【Excel Tips】テキストファイルをExcelにインポートするには?

  2008/09/17 11:00

DBからエクスポートされたテキストファイルを、Excelにインポートする手順を紹介します。

概要

 他のDBからテキスト形式でエクスポートされたデータを、Excelにインポートするには、テキストファイルウィザードを利用します。テキストファイルウィザードを利用すると、インポート時に、データの形式(日付や文字列、数値など)を指定したり、インポートしない列を指定したりできます。

 本稿では、テキストファイルウィザードを利用して、テキストデータをExcelにインポートする手順を紹介します。

操作手順

  1. [ファイル]-[開く]をクリックします。
  2. [ファイルを開く]ダイアログボックスで、[ファイルの種類]を「テキストファイル」にします。
  3. インポートするテキストファイルを選択して、[開く]ボタンをクリックします。
    ファイルを開く
  4. テキストファイルウィザードが開くので、まず元データの形式を指定します。「カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ」が選択されたことを確認して、[次へ]ボタンをクリックします。
    テキストファイル ウィザード - 1/3
  5. 区切り文字を指定して[次へ]ボタンをクリックします(ここではタブを選択)。
    テキストファイル ウィザード - 2/3
  6. 区切った後の列のデータ形式を任意に指定して、[完了]ボタンをクリックします。
    テキストファイル ウィザード - 3/3
  7. テキストファイルのインポートが完了しました。
    テキストファイルからインポートした後の画面
    テキストファイルからインポートした後の画面
列のデータ形式

 [テキストファイルウィザード 3/3]ダイアログボックスでの[列のデータ形式]の指定する際に、商品コードなどのように計算の必要がないものは「文字列」として指定します。「G/標準」のままインポートすると、「0」から始まる値の場合に、それが消えてしまうので注意してください。

 なお、インポートしたくない列は、その列を選択して「削除する」を選択します。

テキスト ファイル ウィザード - 3 / 3
テキストファイルウィザード - 3/3


著者プロフィール

  • 小濱 良恵(コハマ ヨシエ)

    Microsoft MVP for Expression (April 2008 - March 2009) Microsoft Office や Expression Web の書籍やWeb記事を執筆するテクニカルライター。 当初は派遣の仕事が中心で、2002年にMOUS(現Microsoft Office Specialist)の全ての科目に合格して、Microsoft Office 2000トラックにて Microsoft Office Master 認定。MS製品の情報を主に扱う個人Webサイト (www.wanichan.com) がきっかけで2004年にテクニカルライターへ転身。2005年4月から3年間は FrontPage MVP として活動し、2008年4月より Expression MVP として、Expression Web や FrontPage のユーザーに書籍やWebサイト、ブログなどを通じて情報提供及び技術支援を精力的に行っている。主な著書にマイクロソフト公式解説書『ひと目でわかるMicrosoft Expression Web 2』(日経BPソフトプレス)、『Expression Web標準ガイドブック』(毎日コミュニケーションズ)がある。 » Microsoft Office総合情報&Tipsサイト: ワニchanのぱそこんわーるど

バックナンバー

連載:60秒でできる!Microsoft Excel Tips集

もっと読む

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5