Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

段落と改ページのTips (2) 【Word Tips】思い通りに改ページを行うには?

  2008/10/23 11:00

見出しや表の先頭で思い通りに改ページを行う方法を紹介します。

概要

 見出しの先頭で次ページへ送るために[Ctrl]+[Enter]キーを押した際、以下の図のように、前のページに見出しスタイルが残って困ったことはありませんか?

改ページしたい見出しの先頭にカーソルを移動して[Ctrl]+[Enter]キーを押すと
改ページしたい見出しの先頭にカーソルを移動して[Ctrl]+[Enter]キーを押すと
↓
前ページに見出しスタイルが残ってしまう
前ページに見出しスタイルが残ってしまう
 

 また、表の最初(サンプルファイルでは「Word」セルの先頭)にカーソルを移動して[Ctrl]+[Enter]キーで改ページすると、下の図のように空白1行が挿入され、2行目から表が始まってしまいます。

 ところが、表の開始位置をページの先頭にするために、1行目の改行を削除すると改ページ前の状態に戻ってしまいます。このように改ページにまつわるイライラを経験したことはありませんか?

2行目から表が始まった画面
2行目から表が始まった画面

 これらの問題は、「段落前で改ページする」ことによって一気に解決できます。

 本稿では、見出しや表のはじめで改ページの方法について紹介します。

操作手順

  1. サンプルファイル「sample.doc」を開きます。
  2. 改ページを行いたい場所にカーソルを移動します。ここでは、1ページ40行目の見出しの先頭に移動します。
  3. [書式]-[段落]を選択します。
    [書式]-[段落]を選択
  4. [段落]ダイアログボックスの[改ページと改行]タブを開き、[段落前で改ページする]にチェックを付けて[OK]ボタンをクリックします。
    [段落前で改ページする]にチェックを付けて[OK]ボタンをクリック
  5. 前ページに見出しスタイルが残らずにきれいに改ページできました。
    見出しの前で改ページしたあとの画面
    見出しの前で改ページしたあとの画面

備考

 [Ctrl]+[Enter]キーで行う改ページは通常の段落でのみ行い、見出しや表などの特殊な場所の前での改ページは、段落前で改ページするのがポイントです。

 もし「見出し1」など、大見出しの前に必ず改ページを行いたい場合は、その見出しスタイルに段落前で改ページするように設定します。

 まずその見出しにカーソルを移動し、[書式]-[スタイルと書式]を選択して、[スタイルと書式]作業ウィンドウから「見出し1」を右クリックします。

 [スタイルの変更]を選択し、ダイアログボックスの[書式]ボタン-[段落]の設定で「段落前で改ページする」ように処理するとよいでしょう。



著者プロフィール

  • 小濱 良恵(コハマ ヨシエ)

    Microsoft MVP for Expression (April 2008 - March 2009) Microsoft Office や Expression Web の書籍やWeb記事を執筆するテクニカルライター。 当初は派遣の仕事が中心で、2002年にMOUS(...

バックナンバー

連載:60秒でできる!Microsoft Word Tips集

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5