SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日立ソリューションズ、エンドポイントをトータルに守る3つのセキュリティサービスを提供開始

 3つのサービスにより、CSIRT(Computer Security Incident Response Team)の構築や、対策のための人財確保ができなかった企業は、トータルなセキュリティ対策を実現できる。また、CSIRTの構築など対策済みの企業も、最新の脅威情報などこのサービスの一部を利用することで、対策の強化や、運用コストの削減ができるようになるという。

 「サイバー攻撃分析サービス」では、専用エージェントがマルウェアの詳細な動作ログを取得し、インシデント発生時のマルウェアの侵入経路の特定から、被害状況、感染の拡散状況の把握と分析を行い、被害の低減を支援する。平常時にも、ワールドワイドで展開されている最新の脅威情報を提供し、マルウェアと疑わしきものを早期に特定することができるという。

 なお、3つのサービスは、株式会社日立システムズのセキュリティソリューション「SHIELD」のエンドポイント対策支援メニューとしても販売していく予定だ。これによりSOC(Security Operation Center)による監視運用などとあわせて、日々のセキュリティ管理の支援に幅広く対応することが可能になるとしている。

 ■エンドポイントを守る3つのサービス

 1. エンドポイントプロテクションサービス(検知・防御)

 AIを活用した次世代マルウェア対策製品「CylancePROTECT」などで、マルウェア感染のリスクを低減し、さらに万が一マルウェアに感染した場合には、「秘文」で被害を最小限に抑える。モバイル端末向けには、ヴイエムウェア社の「AirWatch」、トレンドマイクロ社の「ウイルスバスタービジネスセキュリティサービス」で、企業のセキュリティポリシーの統一と見える化をはかり、マルウェア感染リスクを低減する。

 2. サイバー攻撃分析サービス(分析)

 日立ソリューションズが独自開発した、マルウェア動作の調査に必要なログを記録する専用エージェントをエンドポイント内に導入し、サーバーでログを集約して長期的に保管する。インシデント発生時などには、日立ソリューションズの分析官がマルウェアの感染経路や範囲、機密情報の流出など、被害状況の分析を行い、レポートを随時提供。

 また、最新の脅威情報を活用し、エンドポイント内のマルウェアの有無を報告する定期レポートを提供する。さらに、マルウェア対策製品の大量アラート検知においては、アラートの脅威判定を行い、対処方法をアドバイスすることで、企業システムの運用負荷を軽減する。

 このサービスの特徴は次のとおり。

  1. 世界中から収集する信頼性の高い最新の脅威情報を活用し、未知のマルウェアも分析
  2. 独自開発した専用エージェントが記録したマルウェアの動作ログを、サーバーで集約して長期保存することで、過去に遡った分析が可能
  3. レポートにより被害状況を可視化できるため、お客様自身による調査時間を短縮
  4. 最新のマルウェアなど、判定が難しい場合には、ホワイトハッカーが分析をサポート

 3. セキュリティエキスパートサービス(復旧・再発防止)

 日立ソリューションズの経験豊かなホワイトハッカーが、早期復旧、再発防止策の立案をオンサイトで支援。ホワイトハッカーが顧客企業と対面でヒアリングし、サイバー攻撃分析サービスで分析した情報を元に、発生したインシデントのケースに応じた的確なアドバイスや提案を行う。

 日立ソリューションズのホワイトハッカーは、日々、最新のマルウェアのトレンド情報や攻撃手法などを研究しており、「DEF CON CTF」や「SANS 日本NetWars」など、国内外のセキュリティイベントで高い実績を収めるなど、インシデント現場での豊富な実績に加えて、高度なスキルを有しているという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/10014 2017/10/30 14:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング