SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

JIEC、内部統制におけるログ活用サービスをSaaSとして提供開始

 JIECが提供予定の「Log Shelter(ログシェルター)」は、月額従量制のSaaS型ログ統合・証跡管理サービス。内部統制対応の基本であるログの取得、保管、分析機能を提供する。

 「自社でログ管理システムを新たに構築する予算がない」または「ログ管理システムを導入する時間がない」という企業も、初期投資を抑えながら迅速なログ活用が可能になる。

 「正しいデータを提供できていること」、「アプリケーションが正しく動作していること」、「不正な処理や改ざんを検出できること」など、情報システムの信頼性を保障する重要な証左となるログだが、早急に求められる内部統制対応の中で、日々大量に発生する多種多様なログを統合し管理する仕組みを迅速かつ低コストで構築するのは非常に困難な状況となっており、中小企業も利用しやすいSaaS型の同サービスが活躍する場は広そうだ。

 2008年1月より先行顧客向けに提供を開始し、正式なサービスリリースは2008年4月となる予定。

    「Log Shelter(ログシェルター)」の特長
  • 監査に必要となるログの収集
  • 収集したログの保管代行
  • 日本版SOX法に対応した定形レポート機能の提供
    提供価格
  • 初期費用: 65万円~ (収集対象となるログ種別、収集先の数などにより算出)
  • 月額サービス利用料: 15万円~ (「月あたりログ収集量」と「保管ログ総量」による課金)
【参考】 内部統制におけるログ活用サービスをSaaSとして提供開始 ~中堅企業に最適な「Log Shelter(ログシェルター)」~

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/126 2007/09/04 10:58

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング