EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

Cloudian、オンプレミス/ハイブリッドクラウド対応の統合管理ビュー「HyperIQ」を発表

  2020/06/03 11:00

 米Cloudianは、6月2日(現地時間)、監視およびオブザーバビリティ(可観測性)ソリューション「HyperIQ」を発表した。同製品により、オンプレミスおよびハイブリッドクラウドで、「HyperStore」関連インフラストラクチャをプロアクティブかつ効率的に管理できる。

 「HyperIQ」は、ヘルスチェックに加えてインテリジェントストレージとユーザー分析を備えており、予測メンテナンス、セキュリティ強化、リソースの最適化が可能。平均修復時間の短縮、可用性の向上、新規導入の迅速化によって運用コストを削減し、ワークロードのデマンドへの対応を容易にする。

 さらに同製品のメリットとして、リアルタイムのインタラクティブなダッシュボードと履歴データを使用し、データセンター、ノード、サービスごとにリソース利用率をスライスして表示する機能で完全な観測性を実現する。ダッシュボードは100を超えるデータパネルを使用して、独自にカスタマイズできる。

 予測メンテナンスでは、ハードウェア障害を予測し、メンテナンス必要性を評価するとともに、パフォーマンスへの影響を回避するためのアラート機能を備える。また、ユーザーの行動分析ではユーザーのアクティビティを監視し、アップロード/ダウンロード、APIの使用、S3トランザクション、リクエストサイズ、HTTP応答コードなどの使用パターンに関する洞察を提供。セキュリティとコンプライアンスポリシーを適用する。

 そのほか、トレンドや障害を特定して、サポートケースの作成や修理の開始、または最適な運用を確保する修正措置実施のための傾向と障害を特定する。監視のためのアラートと、Slack、OpsGenie、Kafka、PagerDutyといった複数の通知チャネルとの統合も可能。

 クラウディアンのインフラストラクチャにおける顧客の傾向と分析、およびインストールベース全体にわたるグローバル学習からの分析に基づいた実用的な計画による、ユーザーの毎月のヘルスチェックなど、多彩な機能を用意している。

 なお、「HyperIQ」には2つのバージョンがある。「HyperIQ Basic」ではあらかじめ設定されたダッシュボードが用意されており、クラウディアンのユーザーに対して無料で提供される。「HyperIQ Enterprise」は高度なアナリティクス機能を備えており、サポートも含まれる。「HyperIQ Enterprise」の利用料金は、1GBあたり月額0.025セントとなる。

関連リンク

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5