EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

新たなデータモデリング機能やKPI監視メトリクスを備えた「Tableau 2020.2」をリリース

  2020/06/03 17:00

 米Tableau Softwareは、6月2日(現地時間)に「Tableau 2020.2」をリリースした。同製品はコーディングやスクリプティングのスキルなしでも使用でき、複雑なデータの分析を容易にするデータモデリングを提供する。

 「Tableau 2020.2」で提供される新しいデータモデリングでは、詳細度の異なる複数の表にまたがるデータをより簡単に分析できる。また、シンプルで視覚的なドラッグアンドドロップ操作で表同士を関連づけられる「リレーションシップ機能」によって、自動的に正確な集計ができる。

 利用にあたっては、複雑なコーディングを行う必要がなく、従来のデータベース結合ではしばしば発生した不正確さのリスクが軽減される。「リレーションシップ機能」を利用することで、クエリ効率とパフォーマンスを向上するとともに、データソース管理が容易になり、顧客の分析に適した詳細度で自動的にデータ集計が行われる。

 さらに、KPIをシンプルな方法で監視可能なメトリクスによって、1か所に集約された最重要データをひと目で確認できる。メトリクスはTableauのモバイルアプリからプッシュ通知またはブラウザ経由でアクセス可能なので、収集した一貫性のあるビューをいつでもどこでも利用できる。またメトリクスの使用で、意思決定者が複数のダッシュボードを深く掘り下げたり、最新データをチェックするのにフィルターを調整したりする必要がなくなり、理解しやすいビューでKPIが提供される。

モバイルアプリでのメトリクス表示イメージ
モバイルアプリでのメトリクス表示イメージ

 そのほか「Tableau 2020.2」では、Esri地理空間データをTableauで直接視覚化できるEsri Webデータコネクトが追加された。また、「データに聞く」機能にカスタム提案を作成してユーザーに関連性のあるプロンプトを与えた上で、データロールを使いデータソース間で一貫性のあるセマンティックコンテキストを追加する機能も強化された。高度なデータ管理機能の「Tableau Prep Builder」により、Salesforceデータへのネイティブな直接接続と、ワークフローに新しいデータのみを追加するインクリメンタルデータリフレッシュを追加し、データセット全体のリフレッシュを不要にする。

関連リンク

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5