EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

三菱電機インフォメーションシステムズ、データ連携基盤に「DataSpider」を活用

  2020/12/02 17:39

 アシストは、三菱電機インフォメーションシステムズ(以下、MDIS)が業務における共通システム基盤として、アシストが提供するEAIツール「DataSpider Servista」(以下、DataSpider)を活用していることを発表した。

 MDISでは、2017年より社員が輝く会社になるための“かがやきプロジェクト”と名付けた取り組みを開始しており、コンプライアンスを遵守しながら業務を最適化し、高い生産性とワークライフバランスによって社員のモチベーション向上も同時に実現するシステム構想に着手した。

 システム構想にあたり、MDISが重視したポイントは以下の通り。

  1. 1つのシステムで効率よく業務が遂行でき、コンプライアンスの遵守も同時に実現する
  2. 社内情報は目的や用途に応じて適切な手段で必要な人に伝達・提供される
  3. 数値データは必要な人が必要な時に自ら取得し分析できる

 上記の構想を実現するために、“ワンファクト・ワンプレイス”の環境作りを目指し、各システムから収集された情報を格納するデータウェアハウスの構築と、そのデータ連携の仕組みをDataSpiderで実装することになったという。

 現在は、財務会計や販売管理などSAPの各モジュール、工数管理やプロジェクト管理、資材調達、Excelデータなど、周辺システムから1時間ごとにDataSpiderでデータを取得し、変換・加工を行った上でデータウェアハウスに投入している。

 今後予定されているさまざまなシステム更改においてもデータ連携の仕組みにDataSpiderを活用して情報をデータウェアハウスに集約する。また、利用の増加が予想されるクラウドサービスとの連携でも、DataSpiderのアダプタを活用した柔軟なサービス連係が期待されているという。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5