SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NTTデータ、ServiceNowに関する専門事業組織を設置へ

 NTTデータは、2021年1月1日にServiceNowに関する専門事業組織「ServiceNowビジネス推進室」を設置することを発表した。

 同社では昨年度から運用集約ワーキンググループを立ち上げ、ServiceNowを活用したITSM(IT Service Management)領域のコスト削減や高度化を図っており、顧客の事業変革に対して、よりスピーディーに対応するために「ServiceNowビジネス推進室」を設置することにしたという。

 本推進室は、主にIT運用管理へのServiceNow導入を中心に活動してきた技術者と業界特化型のコンサルタント150名をワンチームとして牽引し、ServiceNow関連ビジネスをリードする専門部隊だという。ServiceNowのデジタル技術に、NTTデータの業務知識とIT運用経験、ServiceNowの導入実績・ノウハウを掛け合わせることで先進的なオファリング、ソリューションの展開を目指すとしている。

新たな提供価値

  • IT運用管理領域のデジタル化:デジタル化が進んでいないIT運用管理領域において、ServiceNowのデジタル技術と、NTTデータのIT運用管理経験やServiceNowの導入ノウハウを融合することで、顧客のデジタル変革に貢献するマネジメントサービスの提供を行う
  • 業界特化型のサービス提供:NTTデータの業務知識やITシステムの構築、運用経験と、ServiceNowのデジタル技術を掛け合わせることで業界固有の課題、環境に応じたサービスを整備し提供する
図:サービス提供領域拡大のイメージ図
図:サービス提供領域拡大のイメージ図
[画像クリックで拡大]

NTTデータグループの実績、ノウハウ

1.国内有数のServiceNow適用実績に基づく技術ノウハウ

 2019年7月にServiceNowの販売を開始して以来、公共社会基盤分野、金融分野、法人分野と業界を問わず多くの案件にServiceNowの導入やシステム運用の集約を全社として取り組むことでノウハウを蓄積してきた。

2.ServiceNowを実行基盤とするソリューション

 NTTデータのITインフラのマネージドサービスにおいてもServiceNowを採用しており、多数のシステムを一元的に運用管理するための実行基盤として活用している。また、コロナ禍での運用で重要となる安全衛生管理や監視関連のアプリケーションパッケージを開発し案件への適用を開始しているという。今後3年以内に社内100案件に対しサービスマネジメントソリューションとして適用することを目指すとともに、機能拡充を図っていくとしている。

3.Acorioのコンサルティングおよび人材育成ノウハウ

 NTTデータは、2020年10月に世界最大規模のServiceNowの専業コンサルティング企業であるAcorioを買収した。Acorioのコンサルティングや人材育成の知見を日本国内ビジネスにも展開していく。

 今後、NTTデータではServiceNowに関するソリューション展開と価値創出を行い、2025年までに売り上げを500億円規模に拡大することを目指すとしている。

【関連記事】
NTTデータ、コロナの影響を受けるも通期業績予想に向けて前進 2021年3月期 第2四半期決算短信
マネーフォワード、NTTデータ提供のプラットフォームと連携 金融機関における法人顧客のDX化を目指す
NTTデータ、キリングループのプラットフォームを構築 Salesforceのherokuを採用
アクセンチュア、ServiceNowと新組織を設立 今後5年で数百万米ドルを投資
ServiceNow Japan、オペレーショナルリスク管理など新機能を追加 規制要件の変更にも対応

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13719 2020/12/14 18:01

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング