SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日立ソリューションズ、フコク生命の紙書類削減を目指す

 日立ソリューションズは、富国生命保険(以下、フコク生命)に文書管理システム「活文 Contents Lifecycle Manager」を導入し、2020年5月28日から稼働していることを発表した。

 本システムでは、これまで紙で保存していた手続き書類や業務マニュアルなどをデジタル化し、情報共有とオフィススペースの有効活用の実現を支援している。2020年度中に、紙書類を「活文」へ登録したり、廃棄や外部倉庫へ保管したりするなどのペーパーレス化を推進し、高さ4,000メートルの紙書類のうち75%の削減目標を達成できる見込みだという。

システムの導入効果

1.デジタル化を支援し、業務文書の情報共有とオフィススペースの有効活用を実現

 スキャンした紙書類の電子ファイルを登録する際に、「活文 Contents Lifecycle Manager OCRオプション」でテキスト情報を抽出するとともに、顧客のファイル管理ルールから個別開発したプログラムによって文書属性情報を抽出して、同時に登録した。これにより、手間が掛かる検索や分類に使うインデックス情報の入力作業を軽減し、デジタル化を支援している。

2.きめ細かなアクセス制御により、業務文書を安全に管理

 顧客の要望により、利用者の職位や文書の機密レベルに応じてきめ細かくアクセス権を設定した。機密文書を参照できてもダウンロード権限のない利用者の場合、ダウンロード抑止機能により、二次流出のリスクを回避でき、安全に管理することができるという。

【関連記事】
日立ソリューションズ、「DXラボ」開設でオンライン上でのDX支援を実施
ワークデイ、日立ソリューションズとパートナー契約を締結 日本企業における人材管理と経営のDXを支援
日立ソリューションズ、「グローバルSCMシミュレーションサービス」の提供を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13836 2021/01/18 16:49

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング