EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

売上高が見通しを上回る結果に【SAP 2020年第4四半期決算】

  2021/02/01 17:43

 SAPは、2020年第4四半期決算を発表した。

サマリー

  • 2020年度、IFRSベースのクラウド売上17%増、Non-IFRSの固定通貨換算ベースのクラウド売上18%増
  • カレント・クラウド・バックログ、固定通貨換算ベースで14%増の72億ユーロ
  • 2020年度、IFRSベースのクラウド売上総利益率は1パーセンテージポイント増の66.5%、Non-IFRSのクラウド売上総利益率は固定通貨換算ベースで1.3パーセンテージポイント増の69.6%に達する
  • 2020年度、IFRSベースの営業利益48%増、Non-IFRSの固定通貨換算ベースの営業利益4%増
  • 2020年度、IFRSベースの1株あたり利益56%増、Non-IFRSベースの1株あたり利益6%増
  • 2020年度、営業キャッシュフローは72億ユーロで前年比約2倍、フリーキャッシュフローは60億ユーロとなり、上方修正後の見通しを大幅に上回る
  • 顧客ネット・プロモーター・スコアが上昇、従業員エンゲージメントインデックスが過去最高に
  • 2021年の見通しはクラウドへの移行優先を反映
  • QualtricsのIPOが成功

 同社CEOのクリスチャン・クライン(Christian Klein)氏は、「世界トップクラスの企業がインテリジェントエンタープライズを目指して、続々とSAPを導入しています。SAPは、クラウドでお客様の変革を加速することで、ビジネスのやり方を再構築しています。好調のうちに2020年度を終え、新しい包括的なビジネス変革サービスである『RISE with SAP』の提供が始まったことを考えると、SAPは、新しい見通しの各目標に十分到達可能な状況にあると言えます」と述べている。

【関連記事】
SAP、新たな統合サービス「RISE with SAP」を提供開始
SAPジャパンと大阪府、8分野19項目において包括連携協定を締結
SAP、2020年度第4四半期・通年業績を事前発表

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5