EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

SMBCグループと日本総研、JSOLやAllganizeと開発したAIシステムを導入へ

  2021/02/17 16:26

 三井住友フィナンシャルグループ(以下、SMBCグループ)と日本総合研究所は、JSOL、Allganize Japan(以下、Allganize)と共同開発した先端自然言語処理を用いたAIシステムを、2021年上期に導入することを発表した。

[画像クリックで拡大]

 SMBCグループでの利用第一弾として、SMBC日興証券および三井住友カードのコールセンターにて、顧客からの照会にオペレーターが答えるための支援に、本システムを利用するとしている。

 同グループは先端技術調査を目的として米国西海岸に「シリコンバレー・デジタルイノベーションラボ」を設置しており、米国スタートアップ企業Allganizeの独自自然言語処理技術に注目していた。先端自然言語処理のデファクトスタンダードであるBERTは、従来のAIモデルと比較して学習に必要な計算量が多いことが知られており、処理装置にかかる費用も大きくなることが考えられたという。

 Allganizeが本システム向けに開発した自然言語処理は、BERTの派生モデルであるALBERTと呼ばれる技術と独自の自己教師学習を組み合わせている。これにより学習に必要となる計算量や計算時間、処理装置の費用を抑制しながらも学習に関わる負荷の省力化を実現できるとしている。

 SMBCグループでの実証検証においても、現行システムと比べて、学習に係る業務負荷が削減されたという。このような自然言語処理の実用化は、国内金融グループとしては初の取り組みになるとしている。

 今後、本システムはコールセンターにおけるオペレーター支援業務以外にも、SMBCグループ全体に利用拡大する予定だという。

【関連記事】
JSOLとBBSec、クラウド利用とサイバー攻撃対策の導入課題をワンストップで解決するサービスを提供
NECとSMBCグループ、ローカル5Gの実証実験を開始 次世代XR店舗構築へ
三井住友・日本総研・NEC、ビッグデータ活用の環境整備に向けてデータ加工ソフトウェア「Trifacta」を本格導入

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5