SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

SIOTP協議会、共同利用型オフィス等のセキュリティ対策に係る認証プログラムを提供へ

 セキュアIoTプラットフォーム協議会(以下、SIOTP協議会)は、日本テレワーク協会と協同で「共同利用型オフィス等のセキュリティ対策に係る認証プログラム」の提供を開始した。

 本プログラムは総務省の令和3年度予算「情報通信利用促進支援事業費補助金(地域サテライトオフィス整備推進事業)」のセキュリティ要件にも採用された「共同利用型オフィス等で備えたいセキュリティ対策について(第2版)」に記載の基本対策を認証基準とし、その適合性について認証機関である日本テレワーク協会とSIOTP協議会が認証するとしている。

 認証を希望する共同利用型オフィス等事業者は、認証機関に申請の上、認証機関が指定した検査機関による「情報セキュリティ監査」と「脆弱性診断」を受ける。認証機関は検査機関が発行する該当施設の検査結果を受領し、認証基準に適合すれば認証証書と認証シールを交付するという。

 共同利用型オフィス等を運営する事業者は、認証を獲得することで施設の安全性をアピールすることでき、利用者拡大が期待されます。逆に利用者にとっても、安心して仕事ができる環境を、一目で選択できるようになるとしている。

 またSIOTP協議会は本プログラムをきっかけに、運営事業者に対する診断サービス、コンサルティング、導入支援など地場ITベンダーのビジネスの創出により、地域のエコシステムの実現を目指すという。

【関連記事】
朝日生命、DX推進に伴うセキュリティ強化でファイア・アイ製品を採用
アクロニス、経営陣向けのサイバーセキュリティにおける6原則を公開
マクニカネットワークス、Splunk Enterpriseを活用した一貫的なセキュリティ支援へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/14230 2021/04/07 05:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング