EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

東芝デジタルソリューションズとウイングアーク1st、サービス連携で製造現場のDXを後押し

  2021/07/02 20:00

 東芝デジタルソリューションズとウイングアーク1stは、「Meister Apps 現場作業見える化パッケージ」と「MotionBoard」を連携した、作業分析支援テンプレートを開発。「Meister Apps 現場作業見える化パッケージ」の新たなサービスとして、7月2日より、東芝デジタルソリューションズが提供を開始することを発表した。

両サービス連携の特長

  • 多種多様なビジュアライズで作業分析を強化:作業分析を支援する画面テンプレートを提供。現場の改善活動に合わせたカスタマイズを実施した上での利用も可能となり、「MotionBoard」の画面部品を利用して画面を構成することで、分析に要する工数を削減することができる
  • 改善に向けた対策が打てるアラート通知・レポート出力:画面上に最新のデータが常時表示され、アラート通知やレポート出力機能を活用することで、非効率作業や改善箇所を把握。これにより、作業改善に向けた作業負荷の調整などっといった、マネジメントを支援する
  • 複数現場のデータをクラウドで収集し、改善へ貢献:複数現場の作業データをクラウドで収集・統合することで、作業員のリソース調整や、作業実績管理を効率化。また、現場間でデータを比較することで、現場特有の課題を抽出することが可能となる

 これらの連携機能は、オンプレ版、クラウド版ともにオプションサービスで提供。最小構成は作業員5名から利用でき、複数の製造現場や建築現場、物流倉庫、大型商業施設など、大規模なエリアへの導入も可能だとしている。

【関連記事】
ツール乱立やデータ散在がデジタル化の課題に【ドリーム・アーツ調査】
コマツ、AWSを建設現場向けのDXソリューションに活用
日立システムズ、Celonis導入で業務プロセスの可視化・標準化を推進

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5