EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ガートナー、CIOやITリーダーがDXを推進する際に必要な5つの役割を発表

  2021/08/18 19:00

 ガートナージャパンは、CIOやITリーダーがDXを推進する際に必要となる5つの役割を発表した。

ビジネス系プロデューサー(ビジネス・アーキテクト)

 DXによるビジネス・ゴールを定義し、新たなビジネス・モデルを考えたり、DXに関する企画を考えたりする役割を担うほか、経営層や社内外の意思決定者との、ビジネス面でのコミュニケーションにも責任を持つという。

テクノロジー系プロデューサー(テクノロジー・アーキテクト)

 ビジネス・ゴールの達成に向けた最適なデジタル・テクノロジーの特定や、テクノロジーの適用によるシステム面の影響の分析・予測などを担うほか、経営層や社内外の、エコシステムのパートナーに対する技術面のコミュニケーションにも責任を持つとしている。

テクノロジスト(エンジニア)

 現場で実際にテクノロジーを活用する役割を担当。自動化、データサイエンス、IoT、AIなどの新興領域に注目しがちだが、確実にDXを推進していくためには、通信ネットワーク、IT基盤、セキュリティ、クラウドなど既存の領域の役割も重要であるという。そして、テクノロジストもまた、全従業員が対象となるとしている。

デザイナー

 ソリューション、サービス、アプリケーションのUXをデザインするほか、UX面のコミュニケーション、UXとデザインに関する知識の社内普及に向けた教育などもおこなうという。

チェンジ・リーダー

 デジタル・テクノロジーの導入に伴う働き方(業務、意識など)のシフトの主導、変革の目的やゴールの整理、変革のコミュニケーション計画作成、関係者全員を巻き込んだ意識と行動変容に向けた施策の計画/展開などを担うとしている。

【関連記事】
ガートナー、2021年度5Gネットワーク・インフラストラクチャ売上高を全世界で39%増と予測
ガートナー、製造業に影響を与えるビジネス・トレンドのトップ5を発表
日本ではD&A専任組織の設置は増えず【ガートナー調査】

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5