EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「オフィス勤務よりテレワークの方がはかどる」日本は7ヵ国中最低【アドビ調査】

  2021/09/17 21:00

 アドビは、未来の働き方に関するグローバル調査を実施した。本年4月30日~5月28日を調査期間とし、従業員数1,000名以上の企業に勤める男女計3,404人を対象に、日本/アメリカ/イギリス/ドイツ/フランス/オーストラリア/ニュージーランドの7ヵ国にてインターネット上で調査したという。

「オフィス勤務よりテレワークの方が仕事はかどる」日本は7ヵ国中最低の42.8%

図1:クリックで拡大
図1:クリックで拡大

 本調査によれば、「テレワークによってワークライフバランスは向上しましたか?」の問いに対し、グローバル平均で85.5%、日本で73.0%が「向上した」と回答したとしている。

図2:クリックで拡大
図2:クリックで拡大

 一方で、「オフィス勤務よりテレワークの方が仕事がはかどりますか?」の質問には、グローバル平均で約7割が「そう思う(69.1%)」と答えたのに対し、日本で「そう思う」と回答したのは42.8%で、7ヵ国のうち最低の数値だったという。

雑務時間の割合、日本が7ヵ国中最高に

 また調査の中で、全体の業務時間の中で雑務にかける時間の割合を聞いたところ、7ヵ国の中で日本が最も高い数字であったとしている。

図3:クリックで拡大
図3:クリックで拡大

 そこで、作業効率化のためにデジタルツールを導入してほしいタスクを聞いたところ、日本では1位が「紙文書の作成・確認作業(71.0%)」、2位が「ファイル管理(70.6%)」、そして3位が「ファイル検索(62.6%)」という結果になったという。これに対し同社は、紙文書のデジタル化が日本のテレワーク体験向上の鍵になると考察している。

「転職を考えている」人が日本で39%

図4:クリックで拡大
図4:クリックで拡大

 さらに本調査は、日本で転職を考えている人が39%の割合に達すると述べている。加えて、「年収や仕事内容が変わらないとすると、転職したい理由は何ですか?」との質問に対し、グローバル平均でも日本でも半数以上の人が、「ワークライフバランス」「仕事のスケジュールを自分でコントロールできる」「テレワークが選択できる」「作業効率化のためのツールを導入している」ことが重要だととらえていると発表。企業側にとってより良い人材を確保するためには、ワークライフバランス、裁量権、テレワーク環境、デジタルツール導入が鍵であると結論づけている。

【関連記事】
ServiceNow Japan執行役員社長にアドビ日本法人前社長のジェームズ・マクリディ氏が就任へ
前年同期比23%の収益成長【アドビ 2021年度第2四半期決算】
デジタル化が進んでいるほど高い傾向に【アドビ 企業満足度調査】

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5