SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

キリンビール、NTTデータと共同でAI濾過計画システム開発 3,000時間以上の創出に成功

 キリンビールは、ビール類を製造する醸造工程において、AI活用により最適な濾過計画を自動で立案するシステムを、NTTデータと共同で開発。段階的な試験導入を経て、2020年12月よりキリンビール全9工場で本格展開および効果測定を開始した。

「濾過計画業務」イメージ(画像クリックで拡大)
「濾過計画業務」イメージ(画像クリックで拡大)

 導入にあたっては、最初に各工場の熟練者にヒアリングを行い、設備や製造体制による制約条件を踏まえた上で、制約プログラミング技術を活用することで標準化。2020年1月から製造規模の大きなキリンビール横浜工場、加えて少量多液種の製造を担うキリンビール滋賀工場で展開を開始したという。

 システム導入により、熟練者が1回につき最大6.5時間程度かけていた「濾過計画業務」を最短で55分まで短縮。システム導入前に比べて、全9工場で年間3,000時間以上の時間創出が可能になることを確認したとしている。各工場では、創出された時間でさらなる品質向上に向けた取り組みや、熟練者からの技術伝承、若手の育成などを進め、高い品質管理レベルの製造体制を維持するという。

 また、今回の導入結果を踏まえ、濾過計画の前工程である「仕込」「酵母計画」へのシステムの横展開を進めており、将来的には醸造計画業務全体の自動化による、さらなる効果の創出と新価値創造を目指すとしている。

【関連記事】
NTTデータ、キリングループのプラットフォームを構築 Salesforceのherokuを採用
IBMとNTTデータ、キリングループ国内約14,000台のPCを仮想デスクトップ環境へ移行
NTTデータ、従業員体験の向上を目指しServiceNow活用へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15070 2021/10/12 15:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング