SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

SCSKサービスウェア、セキュリティに特化した運用管理サービスを提供

 SCSKサービスウェアは、「セキュリティ運用サービス」を3月28日から提供開始した。

 同社は、IT・セキュリティ関連資格保有者が約200人在籍する人的リソースを活用して、以下の3つのサービスを提供する。

1. セキュリティアセスメントサービス:企業のセキュリティリスクを全方位で診断

 安全確保支援士やCISAなど、セキュリティ関連の有資格エンジニアが各種ガイドラインに基づき、企業のセキュリティ環境や管理体制を「人的」「組織的」「技術的」「物理的」の4つの側面から評価・診断し、セキュリティリスクを可視化するという。

2. セキュリティヘルプデスク:日々の問い合わせ対応や、セキュリティ関連業務
  • 社内の従業員から寄せられるセキュリティに関する問い合わせ対応
  • セキュリティ製品の導入支援(製品のリプレイス・各ソフトの設定変更)
  • セキュリティ製品の運用(操作ログ・デバイス管理・バージョンアップ対応)
  • 監視(セキュリティ製品の動作を監視・各種ビルド適用の管理)
  • インシデント対応(ウイルス検知・検体採取・端末の利用状況の確認)
  • 従業員向けセキュリティ研修
3. マネージドセキュリティサービス:24時間365日体制でセキュリティ対策製品を運用・監視

 製品の動作やアラートの監視、各種設定の変更、製品インシデント発生時の通知など、安定した運用・監視を行う。

 同社は、情報システム部門の負荷軽減を支援することで、企業のセキュリティ強化に貢献するとしている。今後、セキュリティエンジニアの教育支援、セキュリティベンダー向けのコンタクトセンター運営など、様々なニーズに対応したソリューションを拡充していくという。

【関連記事】
SCSKとNEC、印西市にデータセンターを新設 合弁会社で共同運営
SCSK-NS、長崎県にニアショア拠点を新設へ 地方人材の採用進める
SCSK、SASEプラットフォーム監視でSSKと協業

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15810 2022/04/05 13:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング