SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

マイクロソフト、S/4HANA Cloudに移行へ Azure上に「RISE with SAP」導入

 マイクロソフトは、同社のSAP ERPを「SAP S/4HANA Cloud private edition」に移行するため、Microsoftクラウド上に「RISE with SAP」を導入すると発表した。

 マイクロソフトは、RISE with SAPを活用することで、新しい機能やテクノロジーをスピーディーに導入する。また、同社が使用するSAPの他のクラウドソリューションと統合された柔軟なクラウド・ファースト・ソリューションでビジネスを展開できるようになるとしている。

 マイクロソフトでCommerce + Ecosystems担当プレジデントを務めるシャーロット・ヤルコニ氏は、次のようにコメント。「Azure上でRISE with SAPソリューションのパワーを発揮することで、柔軟、迅速にネットワークを拡張して、ビジネスニーズを満たすことができ、さらにその経験をお客さまと共有できると考えています」。

 またSAPも、ビジネスクリティカルなITランドスケープの一部を既にMicrosoft Azureに移行。同社は、ビジネス変革の一環として、業務効率を高めるために、Microsoft Azure上のRISE with SAPソリューションで使用されるオペレーションモデルに基づいて、同社の基幹業務システムのIT運用を最適化する予定だとしている。

 SAPでCDIOを務めるフロリアン・ロートは次のように述べた。「マイクロソフトがRISE with SAPを選択したことは、Microsoft Azure上のSAP S/4HANA Cloudの導入を加速させることで、顧客のクラウド移行をシンプルにしようという、SAPとマイクロソフトとの継続的パートナーシップの強さの証だと言えます。また、SAPもMicrosoft Azure上で同社の基幹業務システムを最適化して、そのセキュリティ、柔軟性、拡張性を高めています。私たちはこれらの導入から得た学びを取り入れ、ベストプラクティスをお客さまと共有していきたいと考えています」。

【関連記事】
村田製作所、「RISE with SAP」に移行完了 コスト削減に貢献
パナソニック、PXの主軸に「RISE with SAP」を採用 グローバルでクラウド化を加速
丸紅、海外子会社に「RISE with SAP」を採用 Fit to Standard方式で導入へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15833 2022/04/08 15:20

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング