EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

慶應義塾大学SFC研究所と富士通、デジタルアイデンティティの相互連携利用の有効性を確認

  2022/04/15 15:55

 慶應義塾大学SFC研究所と富士通は、異なるアイデンティティ基盤を相互接続して自己主権型で利用する、実証実験を3月17日から4月12日まで実施。その有効性を確認したという。

 実証実験では、慶應義塾大学の次世代デジタルアイデンティティー基盤から発行した「デジタル学籍証明書」を、富士通のアイデンティティー変換ゲートウェイで変換。学生が、富士通の「IDYX(IDentitY eXchange)」と連携するオンラインサービスごとに、必要な属性情報を異なる見せ方で開示できることを証明したという。この仕組みが実用化すれば、企業や大学、自治体が発行する個人の属性情報を、利用者自身が様々なサービスに連携利用できるとしている。

 また、両者は4月から同大学湘南藤沢キャンパス内に、共同研究拠点「トラステッド・インターネット・アーキテクチャ・ラボ」を新設したという。

【関連記事】
インシデントの主要因はデジタルアイデンティティに【SailPoint調査】
電通デジタル、早稲田大など3大学でDX講座を開設 実務者が事例などを講義
東京都市大学、データセンター向けHDDを30%大容量化する技術を開発

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5