SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日立がAIによる設備点検プラットフォームを開発 一気通貫なシステムでコスト削減や運用改善を目指す

 日立は6月10日、「設備点検AIプラットフォーム」を開発したことを発表した。

 設備点検でAIを活用するには、現場で収集した動画データのシステムへのアップロードから点検動画データの加工処理、画像診断AIによる解析、診断結果の管理などの一連の作業が必要だという。

 そこで本プラットフォームでは、これら一連のプロセスを自動化することで、設備点検作業の効率化とAI解析の精度向上を実現する。

 また、日立開発のドローン運航管理システムと連携する機能も有しており、ドローンで収集した点検動画データを自動アップロードすることが可能だ。

 本プラットフォームは点検動画データからの静止画生成、画像選別や画像加工など、診断対象設備に依存せず共通的に利用可能な「共通機能層」と、設備ごとに異常診断するためのAIなど「個別機能層」で構成されている。

[画像クリックで拡大]

 共通利用可能な機能をコンポーネント化し、日立が提供することで、多重開発を回避し、インフラ事業者のシステムへの最適投資や、使いやすく効率的な運用管理の実現に貢献するとのこと。

 さらに日立は、このプラットフォームは他事業者のAIとの接続を容易にするオープンなシステム構成であることをうたっている。具体的には、AIベンダーやDXに関連するベンチャー企業などが参画することで、インフラ事業者にとってより高度な技術を取り入れることが可能になるだけでなく、プラットフォーム自体も継続・進化していくことが狙いだ。

 同社はこのプラットフォームによって、インフラ保守の品質や管理効率を持続的に向上し、社会インフラ全体の強靭化につなげていくとしている。

【関連記事】
旭食品、日立の需要予測型自動発注サービスを活用 熟練者の4時間業務を30分に削減
デジタル通貨で流通サプライチェーンの決済を一気通貫 日立も参加し効果検証へ
日立システムズが越谷市と事業協定を締結 自治体におけるDX人材育成を担う

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16131 2022/06/10 13:40

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング