SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本オラクル、シミックがArgus Cloud Serviceを採用と発表 希望製薬会社にレンタルも

 日本オラクルは、シミックがファーマコヴィジランス(医薬品安全性監視)業務にオラクルの医薬品開発の安全性情報管理アプリケーション「Oracle Argus Safety」のクラウド・サービス「Oracle Argus Cloud Service」を導入したことを発表した。

 シミックは、1992年に日本で初めてCRO(医薬品開発支援)事業を開始し、開発から製造、営業・マーケティングまでの医薬品に関する総合的な支援業務を提供している。

 同社が導入した背景として、「Oracle Argus Safety」は世界や日本の大手製薬会社など、多くの利用実績があるグローバル安全性データベースであることや、多くの製薬企業において「Oracle Argus Safety」のレンタルに関するニーズも多いということが主な理由だという。

 そして同社が「Oracle Argus Safety」を使用するだけではなく、その使用を希望する製薬企業にもデータベースを分割してレンタルするサービスも開始するとのことだ。

 シミックが導入した際の基本設定をベースに各社のテナントの作成を行い、運用管理は専属のシステム・エンジニアが担当する。そのため契約から運用開始までのリードタイムも短く、かつリーズナブルな価格で利用可能だという。なお「Oracle Argus Safety」のマルチテナントを使用したレンタルサービスを提供するのは、日本企業ではシミックのみとのことだ。

【関連記事】
日本オラクル、2023年度事業戦略を発表 ITコスト構造の変革へ寄与
キンドリル、オラクルとのパートナーシップを発表 クラウドサービス分野で協業
オラクル、病院の患者データをクラウドサービスで一元管理 情報集約できめ細かいサービスを提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16295 2022/07/11 14:55

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング