SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ヤフーとトレジャーデータが連携 23年春、データクリーンルームを提供へ

 ヤフー(以下、Yahoo! JAPAN)は7月19日、トレジャーデータと連携し、新たなデータクリーンルーム「Yahoo! Data Xross(ヤフー・データ・クロス)」を2023年春頃に提供開始すると発表した。

画像を説明するテキストなくても可

 Yahoo! Data Xrossでは、トレジャーデータが保有する国内外450社以上に提供している顧客データ基盤「Treasure Data CDP」内に格納されたデジタル広告やメール配信、アプリプッシュ通知の履歴などの顧客データを、Yahoo! JAPANが保持するデータを用いた分析などができるという。これにより、企業はより深い顧客インサイトの抽出やレポートの作成、分析結果をもとにした有効な広告配信の実施が可能になり、これまで困難だった実購買データやオフラインコンバージョンへの広告貢献の可視化などができる。なお、分析結果の利用は、「Yahoo!広告」に限定されるという。

画像を説明するテキストなくても可

 Yahoo! JAPANは、ユーザーのプライバシー保護を最重視しながら、今後も様々な企業との連携を通じて、ユーザーと企業の双方にとって価値のある情報接点を提供していくとしている。

「Yahoo! Data Xross」の特長

  1. プライバシー保護を最重視した安全な環境
  2. 顧客IDベースでの計測や分析
  3. オープンアナリティクス

【関連記事】
ヤフーとLINE、NFT領域で連携して二次流通市場拡大を目指す
ガートナー、「改正個人情報保護法」全面施行に向け企業が取り組むべきアクションを発表
日立、「個人情報管理基盤サービス」提供でパーソナルデータの利活用を支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16340 2022/07/20 15:20

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング