SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

Security Online Day 2024 秋の陣

2024年9月25日(水)・26日(木)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

HPE、クラウドセキュリティプロバイダーの「Axis Security」を買収へ

 HPEは3月2日(米国時間)、クラウドセキュリティプロバイダーの「Axis Security」を買収する正式契約を締結したことを発表した。この買収により、HPEは統一されたSASE(Secure Access Services Edge)ソリューションを提供し、edge-to-cloudのセキュリティ機能を強化する。

 HPEは、Axis Securityのテクノロジーを既存のArubaセキュアネットワーキング製品に統合し、SASEのオファリングを拡充するという。これにより、データをデータセンター経由でルーティングするのではなく、ネットワークエッジでWANとクラウドのセキュリティ制御をアプリケーションで直接実現できる。そして顧客は、プロバイダーのネットワークコンポーネントを個別に取得、保守、ライセンスする必要がなくなり、1つのコントロールポイントから、すべてのコンポーネントをas a Serviceとして柔軟に利用することが可能になるという。

 買収の完了は、規制当局の承認およびその他の慣習的な完了条件に従って、HPEの2023会計年度の第2四半期末を予定している。HPEは、Axis Securityのソリューションを自社のedge-to-cloudセキュリティソリューションに統合し、HPE 2023会計年度の第3四半期に提供開始する予定だ。

【関連記事】
HPE、「Alletra 4000」提供へ──SDS×GreenLakeでオンプレ回帰需要を狙う
データ成熟度の低さが企業の成功を阻む HPEがグローバルでの調査結果を発表
HPE、「HPE ProLiant Gen11」次世代サーバー5機種を発表 従量課金モデルも用意

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17472 2023/03/09 16:15

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング