SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

会社規模による「AI格差」と「人材不足」が課題か──ソニービズネットワークス調べ

 ソニービズネットワークスは、全国の会社員や経営者・役員1,000名を対象に、「AI導入状況調査」を実施し、その結果を発表した。

調査概要
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査対象者:会社員として働く20代以上の男女
  • 調査期間:2023年3月10日~22日
  • サンプル数:1,000(AI導入済み:500、AI未導入:500)
ビジネスパーソンの「Chat GPT」認知度は約8割、業務への導入も進む

 Chat GPTについて20代以上のビジネスパーソンに聞いたところ、半数以上(59.1%)が知っていると回答。内容は知らないまでも聞いたことがあるという人も含めると、認知度は約8割(78.9%)にも上った。また、AI導入済み企業の内5社に1社がChatGPTを現在利用していると回答しており、今後もますます導入が進むと予想されるという(図1)。

図1<br/>[画像クリックで拡大表示]
図1
[画像クリックで拡大表示]
導入済み企業で働く約7割の人がAI導入に積極的

 「積極的なAI導入(図2)」について、導入済みの企業で働く人の67.2%が積極的に導入すべきであると考えている。一方で、未導入企業の勤務者でAI導入を推奨する人は半数にも及ばなかったという。

図2<br/>[画像クリックで拡大表示]
図2
[画像クリックで拡大表示]

 また、「AI導入により業務効率化するか(図3)」や「AI導入により未解決課題は解決するか(図4)」という質問に対し、AI導入済みの企業に勤める人とAI未導入企業に勤める人では、「そう思う」と回答する割合にいずれも10ポイント近く差があった。実際にAIを活用することで、AI導入のメリットを実感できるようだとしている。

図3<br/>[画像クリックで拡大表示]
図3
[画像クリックで拡大表示]
図4<br/>[画像クリックで拡大表示]
図4
[画像クリックで拡大表示]
AI未導入企業は、「AIをリードできる人材がいない」「知見のある人材がいない」という「人材不足」の観点から導入に踏み出せていない企業が多数

 一方で、AI未導入の企業はAI導入に積極的ではなく、「現段階では検討していない」と回答している人が約6割(59.8%)となった(図5)。

図5<br/>[画像クリックで拡大表示]
図5
[画像クリックで拡大表示]

 AIが導入されていない主な要因としては、AIをリードできる人材がいない(31.4%)や、知見のある人材がいない(28.6%)という点が挙げられ、2023年はAIが話題になっているものの、2022年から変わらず「人材不足」が課題であることがうかがえるという(表1・2)。

表1・2<br/>[画像クリックで拡大表示]
表1・2
[画像クリックで拡大表示]
AI導入にかけている金額に、中小企業(300人未満規模)と大企業(300人以上規模)で格差あり

 2022年の同調査で明らかになった会社規模による「AI格差」(図7)は、2023年にも引き続きみられたとのこと。300人未満規模の企業では、6割以上の企業が300万円までしかAI導入に予算を割けないのに対し、300人以上規模の企業では、約半数の企業が300万円以上予算を割くことができているという結果となった(図8)。全体的にAIに対する年間予算は下がっているものの、AI格差の改善には至っていないことがわかったとしている。

図7<br/>[画像クリックで拡大表示]
図7
[画像クリックで拡大表示]
図8<br/>[画像クリックで拡大表示]
図8
[画像クリックで拡大表示]

【関連記事】
4割以上の人がAI導入で作業時間削減に成功 ソニービズネットワークスが調査結果を発表
ソニービズネットワークス、「Azure AD支援サービス」を提供へ
ソニービズネットワークス、法人向けサービス「NURO Biz」で閉域網とパブリッククラウドの相互接続サービス開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17914 2023/06/19 17:15

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング