SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

トレンドマイクロが「Trend Vision One」の拡張を発表、XDR機能をOT環境に拡張など

 トレンドマイクロは、統合サイバーセキュリティプラットフォーム「Trend Vision One」を拡張することを発表した。

 これにより、法人組織が、IT環境に加えOT環境を含めた広範囲にわたるサイバー攻撃を迅速に把握し、適切に対処することを支援するという。主な拡張は以下の3点。

1. XDR(Extended Detection and Response)機能をOT環境に拡張

 Trend Vision Oneでは、エンドポイント、サーバ、クラウド、メール、ネットワークを保護する各セキュリティ製品がセンサーとなり、脅威や侵入の痕跡を相関分析することで、サイバー攻撃の全体像と対処が必要な対象を可視化。サイバー攻撃に対応するXDR (Extended Detection and Response)機能を提供している。

 アタックサーフェス(攻撃対象領域)がOT環境にも広がっていることから、同プラットフォームのXDR機能をOT環境に拡張。拡張は7月以降に順次行い、IT・OT、5Gを含めたCT(Communication Technology)などクロスレイヤの保護を実現するという。

統合サイバーセキュリティプラットフォーム「Trend Vision One」の構成要素<br/>[画像クリックで拡大表示]
統合サイバーセキュリティプラットフォーム「Trend Vision One」の構成要素
[画像クリックで拡大表示]
2. AI技術(Trend Vision One Companion)の搭載

 SOC(Security Operation Center)担当者を支援し、セキュリティオペレーションの生産性と効率を向上するため、生成系AI「Trend Vision One Companion」を7月に搭載する。また、AIツールの可視化とモニタリング機能を実装予定。同機能を活用することで、ChatGPTをはじめとした生成系AIを提供するサービスの利用を検知・制御できるとしている。

Trend Vision Oneダッシュボードでの生成系AI提供サービスの検知・制御<br/>[画像クリックで拡大表示]
Trend Vision Oneダッシュボードでの生成系AI提供サービスの検知・制御
[画像クリックで拡大表示]
3. アタックサーフェスリスクマネジメント機能の提供

 法人組織のITインフラの環境変化にともない、サイバー攻撃者はこれまで攻撃の主流であったメールやWebサーバをはじめとした公開サーバを経由した侵入方法に加えて、VPN機器の脆弱性やRDP(リモートデスクトッププロトコル)接続、クラウドの侵害、サプライチェーン攻撃など、攻撃経路を多様化しているとのこと。同プラットフォームでは、アタックサーフェス(攻撃対象領域)を可視化し、リスク管理を行う機能「アタックサーフェスリスクマネジメント」を8月より提供するという。

【関連記事】
NECネッツエスアイ、セキュアなローカル5G環境提供へ トレンドマイクロなどの製品活用
トレンドマイクロ、自動車の次世代コックピットシステム向け仮想化セキュリティソリューションを実証
トレンドマイクロ、新たな企業ロゴの採用を発表 「TREND」の文字がより強調へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18002 2023/07/03 18:05

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング