SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

大企業の約6割が「十分に使いこなせていないSaaSがある」と回答──テックタッチ調査

 テックタッチは、大企業(従業員数1,000名以上)の情報システム担当者501名を対象に、SaaS活用に関する実態調査を実施し、その結果を発表した。

大企業におけるSaaS導入率は、74.7%

 「Q1.あなたのお勤め先では、SaaSを導入していますか。」(n=501)と質問したところ、「はい」が74.7%、「いいえ」が9.0%となった。

Q1
[画像クリックで拡大表示]

導入しているSaaSの種類、3割以上が「10個以上」と回答

 Q1で「はい」と回答した人に、「Q2.現在お勤め先では、何種類のSaaSを導入していますか。」(n=374)と質問したところ、「11〜15個」が11.0%、「16〜20個」が8.0%となり、10個以上のSaaSを導入している企業が3割以上にのぼることがわかったという。

Q2
[画像クリックで拡大表示]

半数以上が、コロナ以前と比較しSaaSの導入数が増加

 Q1で「はい」と回答した人に、「Q3.コロナ以前と比べて、お勤め先におけるSaaSの導入数に変化はありましたか。」(n=374)と質問したところ、「コロナ以前より増加した」が52.9%、「コロナ以前と変更なし」が32.6%だった。

Q3
[画像クリックで拡大表示]

SaaSの導入数が2倍以上に増加した大企業は64.1%

 Q3で「コロナ以前より増加した」と回答した人に、「Q4.コロナ以前と比較して、SaaSの導入数はどの程度増えましたか。」(n=198)と質問したところ、「3~4倍未満」が23.7%、「2~3倍未満」が29.8%という回答になったという。

Q4
[画像クリックで拡大表示]

SaaSを導入している領域、「Web会議システム」が56.4%で最多

 Q1で「はい」と回答した人に、「Q5.あなたのお勤め先では、どのような領域のSaaSを入れていますか。(複数回答)」(n=374)と質問したところ、「Web会議システム」が56.4%、「グループウェア」が49.7%、「人事労務・タレントマネジメント」が46.8%となった。

Q5
[画像クリックで拡大表示]

約6割が、導入したものの「十分に使いこなせていないSaaSがある」実態

 Q1で「はい」と回答した人に、「Q6.お勤め先で導入しているSaaSの中には、導入したものの十分に使いこなせていない/使っていないSaaSがありますか。」(n=374)と質問したところ、「かなりある」が15.5%、「ややある」が43.3%だった。

Q6
[画像クリックで拡大表示]

十分に使いこなせていない理由、「複雑なシステムの分かりにくさ」が51.4%で最多

 Q6で「かなりある」「ややある」と回答した人に、「Q7.SaaSを導入したものの十分に使いこなせていない/使っていない理由を教えてください。(複数回答)」(n=220)と質問したところ、「複雑なシステムの分かりにくさ」が51.4%、「マニュアルの作成・修正ができる従業員不足」が48.2%、「従業員が意図した通りに使ってくれない、定着せずに想定通り使っていない」が32.3%という回答になった。

Q7
[画像クリックで拡大表示]

十分に使いこなせていない理由、「他のSaaSと機能重複」や「ベンダーによるサポート不足」などの声

 Q7で「わからない/答えられない」以外を回答した人に、「Q8.Q7で回答した以外に、SaaSを導入したものの十分に使いこなせていない/使っていない理由があれば、自由に教えてください。(自由回答)」(n=217)と質問したところ、「他のSaaSと機能重複」や「ベンダーによるサポートが不足している」など114の回答を得られたという。

導入したものの十分に使いこなせなかったSaaSの再活用のための対策、「システムを活用できる人員の雇用」が53.2%で最多

 Q6で「かなりある」「ややある」と回答した人に、「Q9.『導入したものの十分に使いこなせなかったSaaS』の再活用のためにどのような対策を行っていますか。(複数回答)」(n=220)と質問したところ、「システムを活用できる人員の雇用」が53.2%、「サービスごとのマニュアル作成」が48.2%、「勉強会・研修会の開催」が46.4%となった。

Q9
[画像クリックで拡大表示]

63.5%が、ノーコードガイド・ナビゲーションサービスに興味あり

 「Q10.対社内の問い合わせ対応といった負担軽減や入力自動化が可能な、ノーコードのガイド・ナビゲーションサービス(システムの早期定着・利活用サービス)に興味がありますか。」(n=501)と質問したところ、「非常に興味がある」が21.6%、「やや興味がある」が41.9%という回答となった。

Q10
[画像クリックで拡大表示]

【関連記事】
日本IBM、SaaS型データ利活用プラットフォームを提供 金融機関のデータ分析など支援
富士通のSaaS型AIサービスを日本アクセスが導入 2025年までに年間12,000時間を削減へ
日本企業の6割、5つ以上のSaaSを利用 オラクルが調査結果を発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18038 2023/07/07 15:30

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング