SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

アクセンチュアとアドビ、「Adobe Firefly」活用した業界特化型AIソリューションを開発へ

 アクセンチュアは、アドビとの協業体制を強化して、「Adobe Firefly」を活用した業界特化型のソリューションを共同開発し、コンテンツサプライチェーンの変革を支援すると発表した。

 両社で開発するソリューションは、まず小売・消費財、自動車、金融サービス、ヘルスケア業界を対象とする。同ソリューションには、アクセンチュアが持つデータ、AIエンジニアリングに関するスキルや責任あるAIの実現に向け体系化されたアプローチ、ブランド体験の構築支援など、様々なサービスが組み合わされるという。

 また、アドビの生成AIを活用するソリューションや顧客のシステムとも連携させることで、顧客はグローバル全体で一貫性がありつつも、各地域で共感性が高く、業界に特化したコンテンツを作成できるようになるとしている。

【関連記事】
経営幹部と従業員で生成AIへの認識にギャップ。ほぼ全ての従業員が生成AIの価値認識も、60%が不安や疲弊に【アクセンチュア調査】
アクセンチュア、熊本と福岡の拠点を増設 「インテリジェント・オペレーション」サービスの強化めざす
価値観の変化やAIによる影響を予測──アクセンチュアが「ライフ トレンド2024」発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/19507 2024/04/04 17:20

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング