SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

TOKIUM、「契約管理に関する実態調査」実施 約75%が契約書を二重管理、適切に管理できないとの声

 TOKIUMは、全国の契約業務に携わる会社員1,100名を対象に「契約管理に関する実態調査」を実施した。

調査概要

調査期間 :2024年5月22日~2024年5月23日

有効回答数:1,100人

調査方法 :インターネット調査

調査対象 :日本全国の契約業務に携わる人

調査結果

約75%が紙と電子で契約書を管理していると回答。二重管理が一般化している傾向に

 約75%の人が紙と電子で契約書を管理していると回答した。電子契約が浸透してきたなかでも紙で契約書を扱うケースは多く、紙と電子による二重管理が一般化していることがわかったという。

画像をクリックで拡大
紙と電子の契約書の数が同程度のとき、最も管理しにくい状況が生まれることが明らかに

 紙と電子の割合が契約書の管理にどのように影響を与えるかを分析した結果、「4割以上6割未満紙で扱っている」場合に、契約書が管理できていないと回答した人が30.7%と最も多くなる結果になった。

画像をクリックで拡大
契約書が適切に管理できていない企業では、契約書管理に起因する問題が発生

 契約書を適切に管理できていないと答えた人の約85%が、「契約書が適切に管理されていないことに起因する問題が発生した」と回答した。業務の効率化をさまたげる問題や、適切な管理が行えていないことで重大なリスクへとつながりかねない問題が発生していることもわかったという。また、「更新時期を把握できておらず、継続可否の判断に十分な時間が取れなかった」や「意図せぬ自動更新により無駄な支出が発生した」と回答する人も複数おり、契約書が管理できていないことで、企業の支出面にも影響を与えることが明らかになったとしている。

画像をクリックで拡大

【関連記事】
TOKIUM、契約書をクラウドで一元管理する「TOKIUM契約管理」発表 GPT-4o活用で自動化へ
従業員の約40%が電子取引における電子データ保存の義務化を知らないと回答──TOKIUM調査
グリー、グループ20社との契約管理業務に「SmartDB」を導入 業務プロセス全体をデジタル化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/19915 2024/06/21 13:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング