SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

マイクロソフト 「Windows Live」日本語版をリリース

 「ソフトウェア+サービス」戦略を推進するマイクロソフトは、Windows Liveサービスの正式版をリリースした。「Windows Live」とはマイクロソフトが提供する、インターネット上のソフトウェアサービスの総称。Windows Liveの機能を使うことで、PCやモバイルといったデバイスに関係なく、ユーザーは、シームレスなコミュニケーションを図ることができるようになる。本日より、正式提供を開始する機能およびサービスは下記。

・Winsows Liveおすすめパック(共通インストーラー)
・Windows Live フォトギャラリー
・Windows Live Messenger 2008
・Windows Live メール
・Windows Live Writer
・Windows Live イベント
・Windows Live Agents

 また、今回の正式版リリースにあたり、Windows Liveの各サービスを一括でインストールでき、Windows Live IDの新規登録やアップグレードのプロセスをシンプルにした「Windows Live おすすめパック正式版」の提供も開始している。

 

参照サイト : http://go.windowslive.jp/
                   http://get.live.com/WL/all

 

 Windows Liveは「ソフトウェア+サービス」戦略の鍵を握るサービス。Windows LiveメールやWindows Live Messengerが持つ「コミュニケーション機能」、Windows LiveフォトギャラリーやWindows Live Writerで楽しめる「共有機能」、先行してリリースされている、Windows Live for Windows mobileで実現する「シームレス化」などを強みとして、今後もユーザー数を拡大していく見込みだ。

左から、マイクロソフト CEO スティーブバルマー氏、マイクロソフト株式会社 社長 ダレンヒューストン氏、
オンラインサービス事業部 事業部長 笹塚氏。「ソフトウェア+サービス」戦略を推進していくと語った。
 

 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

押久保 剛(編集部)(オシクボ タケシ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/224 2007/11/09 11:49

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング