SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本IBM、Lotus Notes/Dominoのクラウド化加速へ新ライセンス体系を提供

「Lotus Notes/Domino」と「LotusLive Notes」併用の使用料金が低減

日本IBMは、今回の新ライセンス体系導入は、高いセキュリティーや業務アプリケーションとの連携を求めるユーザーが、企業向けメール環境をパブリッククラウドで提供するサービスである「IBM LotusLive Notes」への移行を検討する例が増えていることに対応したものとしている。

いままで、「Lotus Notes/Domino」を利用していたユーザーがクラウドサービス「IBM LotusLive Notes」のメール機能を利用する場合、「Lotus Notes/Domino」のサーバーとクライアントの料金に加え、「LotusLive Notes」のユーザーごとの使用料金が必要だったライセンス体系を改定した。

新しいライセンス体系は、「Lotus Notes/Domino」を「LotusLive Notes」と併用する場合、「Notes/Domino」のサーバーおよびクライアントへの課金を、サーバーライセンスである「IBM Lotus Domino Utility Server for LotusLive」に一本化するもの。これにより、「Lotus Notes/Domino」のクライアント・ライセンス料金が不要になり、使用料金の低減が可能になると、ライセンス管理も容易になるという。このライセンス体系は、クライアントユーザー数の多い企業では価格メリットが大きく、ユーザー数が1000人の企業では、ライセンス価格が3割以上低減するとしている。

■ニュースリリース
http://www-06.ibm.com/jp/press/2011/03/3101.html
 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/3017 2011/03/31 15:26

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング