SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NetApp、Microsoft Azureとの連携でITインフラを拡張する新ソリューション

シームレスなハイブリッドクラウド環境を構築

 「NetApp Private Storage」とMicrosoft Azureの連携により、Microsoft Azureの柔軟性とコストメリットを兼ね備えた専用の企業向けストレージ環境を提供するという。Microsoft Azure ExpressRouteを活用して、さまざまなリソースと連携し、安全、高速、低遅延の接続性を実現できるとしている。

 ITインフラのメリットをさらに拡張するためにハイブリッドクラウド環境に移行する企業がますます増えるなか、「NetApp Private Storage for Microsoft Azure」を通じて、企業はビジネス価値を最適化するために、自社環境とクラウド環境が接続された俊敏なITインフラを構築できるという。

 発表によると、「NetApp Private Storage for Microsoft Azure」の主な特徴は次のとおり。

 ・企業ワークロード向けにMicrosoft AzureとNetAppが連携
  Microsoft Azureが備える弾力性やコスト効率と、Microsoft SQL Server、Oracle、SAPなどの企業ワークロード向けにNetAppが提供する高速性、信頼性、可用性を連携。

 ・ピーク時のワークロード管理
  状況に合わせてMicrosoft Azureのコンピューティングリソースを柔軟に活用できるため、ピーク時や予測不可能な事態、または時節的なワークロードに必要な大規模な設備投資が不要になり、NetAppのストレージ製品を通じてデータのコントロールを維持。

 ・低コストでのディザスタリカバリ環境を実現
  ディザスタリカバリの検証やフェイルオーバー時のみMicrosoft Azure上に展開できるなど、単一リージョン、または複数リージョンにわたるコスト効率の高いディザスタリカバリ環境の構築が可能。

 ・クラウド上のデータを管理可能
  Microsoft Azure上のデータを管理することができると同時に、コスト効率が高く弾力性に優れたMicrosoft Azure上で自社インフラと同水準のパフォーマンスを実現。

 ・コンプライアンスとデータ主権に関する規制に対応
  データの永続性を担保する機能であるSnapLockやNetAppのデータ暗号化機能など、先進的なコンプライアンス機能を活用し、ストレージに関連する顧客ごとのデータ管理要件に対応。

 ・ハイブリッドクラウド環境により技術革新と市場へのアクセスを高速化
  開発とテスト向けに、Microsoft Azureのコンピューティングが備えるスピードと柔軟性を活用。

 ・System Centerでクラウド リソースを最適化
  System CenterとNetApp PowerShellツールキットにより、プライベートクラウドとMicrosoft Azureに接続されたPrivate Storage間のデータの管理と移動が可能。

 なお、「NetApp Private Storage for Microsoft Azure」は、北米の一部パートナーを通じて提供され、欧州とアジアで順次提供していく。日本での提供開始日は未定だという。

【関連リンク】
ニュースリリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/6020 2014/07/17 12:07

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング