SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

2014年の「EnterpriseZine」年間記事ランキングを発表

第1位 実績以上に人格重視--サイバーエージェント藤田社長が語る「やる気を引き出す組織風土の作り方」 

第2位 「個人を特定する情報が個人情報である」と信じているすべての方へ―第1回プライバシーフリークカフェ(前編)

第3位 SQLの観点から「Oracle Database」「PostgreSQL」 「MySQL」の特徴を整理しよう! 

第4位 これからのセキュリティ業界を担う、平成生まれのスーパーハッカー! ―ゲヒルン 石森大貴さん 

第5位 IoTの価値を無視すべきではない -「モノのインターネット」の本質とは何か?

第6位 あるホンダ社員のクラウドへのチャレンジ ―挑戦して失敗することよりも何もしないことをおそれよ 

第7位 漏洩が問題なのではない、名寄せが問題なのである―第3回プライバシーフリークカフェ(前編) 

第8位 【増税直前/最終点検】ネット販売は要注意?消費税増税に伴うシステム対応の盲点

第9位 Suica履歴は個人データでした―第1回プライバシーフリークカフェ(後編)

第10位 はじめに機械学習の話をしよう 

第11位 なぜ法人で使われるタブレットはiPadが主流なのか? 

第12位 マイナンバー制度がやってくる

第13位 “ログ取得・分析”という抑止力―ベネッセ事件に寄せて

第14位 イケてるセキュリティ男子に、俺はなる!―ソフトバンク・テクノロジー 辻伸弘さん

第15位 岩切晃子(翔泳社)×西脇資哲(日本マイクロソフト)エグゼクティブ対談 ―「エンジニアはもっと偉くなれる!」

第16位 そんな大綱で大丈夫か?―第2回プライバシーフリークカフェ(前編) 

第17位 これからは「クラウド・インテグレーター」という存在が重要になる!

第18位 個人情報、間違えてはいけないポイント

第19位 現場の反発で頓挫した新システム導入--東急ハンズ長谷川秀樹氏に訊く(第1回)  

第20位 本当のミッションクリティカルを知っていただきたく。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/6457 2014/12/26 14:30

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング