EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

さくらインターネットとABEJAがプラットフォーム連携し、ビックデータのAI解析基盤を提供

  2016/08/26 15:00

 さくらインターネットとABEJA(アベジャ)は、2014年7月に締結した業務提携の一環として、「さくらのIoT Platform」と「ABEJA Platform」をAPI経由で接続し、2016年冬をめどに両社のユーザーに利用できるようにすると発表した。

 さくらインターネットは、通信環境とデータの保存や処理システムを一体型で提供するIoTのプラットフォーム「さくらのIoT Platform 」を2016年度中に提供する予定。このサービスは、「さくらのIoT通信モジュール」とキャリアネットワークを接続した閉域網を用意し、ストレージ、データベース、ルールエンジンを含むバックエンド、外部のクラウドやアプリケーションサービスと連携できるAPIまでを垂直統合型で提供する。

 正式サービスに先駆け、4月から「さくらのIoT Platform α」の提供を開始し、10月には「さくらのIoT Platform β」を提供予定だという。

 ABEJAは、AIのブレークスルー技術であり、蓄積されたビックデータから人間の手を介さずしてそのデータを適切に表現する特徴を自動的に見つけ出す「ディープラーニング」を活用したサービスを提供している。

 これまで、ディープラーニングを活用しさまざまな情報を収集・解析・可視化するクラウドサービス「ABEJA Platform」を、小売・流通業界を中心に、国内の100店舗以上に導入、店舗運営の改善に資するソリューションを提供してきたという。

 今回発表された連携は、インターネットを介さずに、「さくらのIoT Platform」と「ABEJA Platform」をセキュアかつダイレクトにAPI連携し、両プラットフォームのサービスを一括して広く提供することを目的としている。

 両プラットフォームの連携により、さくらインターネットは、「さくらのIoT Platform」の利用ユーザーにAPI経由で簡単に「ABEJA Platform」に接続し、「さくらのIoT Platform」に蓄積されたデータを活用できるようになる。

 また、ABEJAは、IoTセンサーと連携して「ABEJA Platform」を新規で導入するユーザーに、「さくらのIoT Platform」の閉域網を経由しセキュアな通信環境を提供することが可能となる。

 さらに、「さくらIoT通信モジュール」を活用することで、多様なデバイス(機器)から時系列データを収集し、「ABEJA Platform」上でリアルタイムに解析することが可能となる。

 その解析結果を可視化するのみではなく、各デバイスにリアルタイムにフィードバックし自動制御をかけるなど、双方向なデータ通信が可能とする、AIによるさまざまな機器のコントロールを新たなサービスとして展開することも視野に入れているという。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5