EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

データ・アプリケーション、データ移行・連携をノンプログラミングで実現する「RACCOON」の最新版

  2016/08/26 15:30

 データ・アプリケーションは、データハンドリングプラットフォームの最新版「RACCOON 1.5」を、8月26日から発売する。最新版では、複数のデータベースやファイルを統合する場合に有用な重複データを取り除く重複除去機能と構造変換機能(マージ機能)を新たに追加し、より精度の高いデータ生成が可能になった。さらに、文字列処理の内部実装を改良し、データ変換速度を向上させたという。

 2014年3月に発売を開始した「RACCOON」は、業務システムのマイグレーションやリプレースなどの場面で必要になるデータ移行、複数の業務システムでのデータ連携の際に不可欠なフォーマット変換や文字コード変換、データ分析のためのデータ統合など、企業情報システムにおけるさまざまなデータ処理を、簡単なGUI操作によりノンプログラミングで実現するデータハンドリングプラットフォーム。

 また、国内で使用されるほとんどの文字コードへの対応や16,000文字の外字が登録できるだけでなく、通常、「髙」(はしごたか)・「﨑」(たつさき)などの外字を利用して定義されている代表的な拡張漢字とUnicodeとの対応表を同梱するなど、プラットフォーム間の違いを吸収する。

 「RACCOON」を利用することで、データハンドリングにかかるプログラム開発工数を削減し、標準化・安定化を図ることができるという。さらに、仕様書が自動生成できるので、ドキュメント作成にかかる工数も削減され、保守性が向上するとしている。

 最新版「RACCOON 1.5」の主な新機能は次のとおり。

 ・重複除去機能追加:例えば、2つのデータベースをひとつのデータベースに統合する際、商品名や日付など入力項目が重複していた場合、重複を検出し、除去することができる。これにより、より高い精度のデータを生成することが可能になる。

 ・構造変換機能追加:複数のデータレコードを、レコード構造が異なる場合であっても1つのデータレコードにまとめることが可能になった。また、レコード構造に対して任意に項目の追加・削除ができ、さらに値の変更も可能であるため、より柔軟なフォーマット変換が可能になった。

 ・テーブル上での設定編集が可能:データの構造をテーブル上で編集することができるようになった。これにより、Excelのような操作性でレコード名称や項目の属性といった情報が簡単に編集できるようになり、軽微な変更では設定ダイアログを開く必要がなくなり、効率的にデータ構造を編集できる。

 ・演算式をまとめ、任意の新たな関数(スクリプト関数)として作成可能:同じ加工処理が繰り返し必要となる際、よく使う演算式を任意の新たな関数(スクリプト関数)として作成、利用することで、より簡単に修正および編集作業を行うことができる。

 ・コンテキストヘルプ表示の追加:該当する設定箇所のヘルプをダイレクトに表示。これにより、変換定義の作成時に設定内容の確認が容易になりユーザビリティが向上。

 ・変換速度の向上:文字列処理の内部実装を見直すことで、従来製品と比較し、最大で処理時間が30%程度短縮するなど、変換速度が向上した。

 ・新たな動作環境への対応:IBM DB2 V10.5をサポート/開発クライアントDeveloper StudioがWindows 10をサポート

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5