SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

セキュアソフト、次世代VDI「SecureSoft i-コンテナクラウドサービス」を発表

 このサービスは、Windows PC上でインターネットアクセス専用のコンテナ環境とローカル環境を完全分離する「SecureSoft i-コンテナ」の利用時に必要となる管理サーバ(SecureSoft Control Center)をクラウド上で提供し、クライアントPCに「SecureSoft i-コンテナ」をインストールするだけで短期かつ低コストでマルウェア感染による情報漏えいを完全に防ぐもの。

 セキュアソフトは、3月に発売した「SecureSoft i-コンテナ オンプレミス版」に、このサービスを加えることで、大手企業から中小企業までより多くの顧客の要望に応えるとしている。

 サービスの特徴は次のとおり。

  • 既存のPCにインストールするだけで簡単に導入可能
  • Windows 7/8.1/10に対応
  • マルウェアやランサムウェアなどの標的型攻撃を防御(ウイルス感染した場合も初期化機能により完全除去)
  • コンテナ環境およびローカル環境のポリシー制御が可能(USB、クリップボード、プリンタ、ネットワーク等)
  • インターネット無害化ソリューションと比べ約1/2のコストで導入可能

 発表ではこのサービスのメリットを次のようにあげている。

 ・ローカル環境とインターネットアクセス環境を100%分離:独自技術であるコンテナ技術によりインターネットアクセス環境を100%分離することで、ウイルス感染による情報漏えい等の未知脅威侵入を完全に防ぐ。

 ・業務効率の向上:1台のPCで安全に使用可能。

 ・大企業、中小企業でも低コストで利用可能:PC台数が数十台程度のユーザでも高セキュリティ環境を低コストで利用可能。サービス購入方式により、サーバ等の追加投資なしで導入が可能。

 ・初期構築作業なし、メンテナンス作業を軽減:「SecureSoft i-コンテナ」導入にあたって初期構築作業の負担なく導入が可能。サーバ運用時の煩わしいメンテナンス作業の負担を軽減。

 ・短期間で運用開始が可能:初期設定情報を受け取って、最短5営業日での運用開始が可能。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/8413 2016/08/30 14:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング