SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

インテック、内部対策強化に特化したクラウドサービス「マルウェアインターセプションサービス」を提供

 このサービスは、標的型攻撃時の攻撃者の振る舞いを検知するPFUの「iNetSec Intra Wall」と、インテックのビジネスクラウド基盤、サーバ運用サービスを組み合わせたもので、マルウェアに感染した場合でも重要情報資産の流出を最小限に抑え事業継続への影響を縮小化できるという。

 このサービスは、標的型攻撃で行われるマルウェア感染後の振る舞いを検知するための製品としてPFU社製「iNetSec Intra Wall」を採用し、インテックのビジネスクラウドサービス基盤「EINS/SPS SelfPortal」上に「iNetSec Intra Wall」の管理サーバを設置し、企業の運用負荷軽減のためにサーバ管理サービスを組み合わせたクラウドサービスになる。

 マルウェアの振る舞いを監視する専用センサーをレンタルサービスとして提供することで、対策実現までのスピードアップが可能になるという。さらに、インテックのデーターセンターと企業間をセキュアに接続するためのネットワークサービス「EINS/MOW DCAN」を組み合わせて利用することで、セキュリティレベルの向上を実現する。

 「EINS/SPS SelfPortal」は、国内の高信頼ファシリティを備えるデータセンター上に設置、提供設備は全て冗長構成、企業向けの高信頼性機器を採用。ハイパーバイザは稼働実績が豊富なVMware vSphereを採用している。また、「EINS/MOW DCAN」は、インテックのデータセンターや各種クラウドサービス、企業拠点間をシームレスに接続できる閉域ネットワークサービスになる。

 「iNetSec Intra Wall」の持つ機能は次のとおり。

 ・マルウェアの活動をリアルタイムで検知・遮断:専用センサーによりネットワーク内の通信を常時監視することで、マルウェアによる不正な意図を持った振る舞いをリアルタイムで検知し、感染端末をネットワークから自動的に遮断する。

 ・導入時にネットワーク構成の変更が不要:インライン設置は不要、ネットワークの構成変更は伴わない。  ・エージェントレス方式:端末へ負荷をかけることなく導入、運用が可能。

 ・ネットワーク接続されている機器を可視化:接続されたIT機器(PC、プリンター、NW機器、携帯端末、など)の固有情報を自動収集。

 ・禁止アプリケーションの利用防止:通信を監視することで端末で利用されているアプリケーションを判定し、セキュリティリスクの高いアプリケーションを利用している端末を検知し、ネットワークから遮断することができる。

 ・未知のマルウェアの検知にも有効:マルウェアそのものではなく、標的型攻撃に共通する通信時の振る舞いを判定するため、既知マルウェアの亜種や、未知マルウェアの検知にも効果を発揮。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/9690 2017/08/23 15:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング