SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

アシスト、Oracle Service Cloudによりユーザー向けサポートFAQサイトを再構築

 アシストでは、全国5拠点のサポートセンターに配置された専任の技術担当者が、ユーザーからの問い合わせに対応している。サポートする製品は約50種類、サポート件数は年間3万件以上にも及ぶ。そこで、問い合わせの手間を省き、ユーザーがより迅速に課題を解決できるよう、ユーザー自身がWebサイトで技術情報を探索し、自己解決ができるセルフサービス型サポートサービスの改善を続けてきたという。

 今回、ユーザーの自己解決率をより一層向上させるために、既存の自社開発版サポートFAQサイトの基盤システムを、オラクルのカスタマー・サービスを支援するクラウド「Oracle Service Cloud」で再構築した。アシストのサポートFAQサイトの特徴と、Oracle Service Cloudの導入効果は次の下記のとおり。

アシストのサポートFAQサイトの特徴

 1. 約1万2,000件以上の豊富なFAQコンテンツを公開

 FAQのコンテンツ数は、運用管理ツールが約2,800件、BIツールが約2,400件、データベース製品が約1,000件、その他製品を合わせると1万2,000件を超える。

 2. FAQコンテンツは月間100件以上増加

 新サポートFAQサイトには、170人のサポート専任技術者が、毎月100件以上のコンテンツを追加。加えて、既存のFAQコンテンツも、随時更新、追記が行われている。

 3. ライフサイクル(導入、開発、運用)やユーザー役割(開発者、管理者)別の検索が可能

 ソフトウェアのライフサイクル(導入、開発、運用)や、ユーザーの役割(開発者、あるいは管理者)に応じたFAQの絞り込みや検索が可能。これはソフトウェアの利用シーンや利用者別にコンテンツを登録しているためで、例えば「データベース製品の導入段階でのFAQ」といった切り口での検索が可能。

Oracle Service Cloudの導入効果

 1. 思いついた文章をそのまま入力して検索できる自然文検索の実装

 検索キーワードを入力する際、単語を入力するのではなく、思いついた文章(例:「グラフの軸の指定方法」等)をそのまま入力することが可能。これは、入力された文章をOracle Service Cloudが形態素解析によって名詞や動詞などに分解して検索するためであり、従来のキーワード検索と比べ、より多くの結果が検索できる。

 2. 関連するFAQコンテンツを自己学習機能により自動的に表示

 自己学習機能により、検索結果と関連するFAQコンテンツを自動的に表示。管理者側での事前の関連付け作業などを必要とせず、ユーザーは関連したFAQを網羅的に参照できるため、自己解決効率を大幅に向上できる。

 3. FAQ検索結果の表示順を自動調整

 Oracle Service Cloudの自己学習機能によって、検索結果として返されるFAQコンテンツの表示順序が自動調整される。これにより、ユーザーによる閲覧頻度や関心度の高いFAQコンテンツを優先的に表示できるようになった。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/9736 2017/09/01 15:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング