SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

サイオス、AWSとの親和性・HCI対応・SAP対応などを強化したHAクラスターソフトウェアの最新版

 「LifeKeeper for Linux v9.2」は、基幹システムのクラウド化の流れの強まりを受け、「AWSとの親和性向上」「Hyper Converged Infrastructure(ハイパー コンバージド インフラストラクチャー:HCI)への対応」「SAPへの対応」という3点を重点強化した。

 ・AWSとの親和性向上

 AWS上のクラスターノードを利用する仕組みとして、専用回線で直接AWSに接続するAWS Direct Connectを利用して、オンプレミス環境のクライアントから、専用線による閉域網を通してAWS上のクラスターシステムを利用することが可能になった。これにより、従来のインターネット経由での接続に比べて遥かにセキュアで安定したネットワーク環境において、オンプレミス―AWS間の多彩なシステム連携が可能となる。

 ・HCIへの対応

 HCIが次世代の仮想基盤として、企業の基幹システムやデータベースへと用途を広げている流れを受け、代表的なHCIベンダーであるNutanix社のハイパーバイザー (仮想マシンを制御するためのソフトウェア)、Acropolis Hypervisor(AHV)をサポート対象に加えた。さらに、VMWare社のvSAN環境におけるLifeKeeperの動作検証を完了した。これらにより、システム基盤だけではなくアプリケーションやミドルウエアを含めた「トータルシステムとしての高い可用性」の実現が可能となるため、HCI上で安心して基幹系システムを運用することが可能となる。

 ・SAPへの対応

 強化をさらに進めてSAP HANA 2.0に対応。SAP HANAは超高速性を特徴としているが、HANA 2.0のマルチテナント機能の活用により、システムリソースの効率的な利用や優れた運用性という特徴が加わり、ここに障害発生時の自動検知と自動復旧という機能を加えることにより、盤石なエンタープライズシステムの基盤を構築することが可能。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/9864 2017/09/28 15:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング