SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press

OSSのデータベースを企業がクラウドで使うために、マイクロソフトが行ったこと

 かつてオープンソース・ソフトウェア(OSS)は、パッケージやソースコードを入手し、オンプレミスの自前環境にセットアップして使うのが当たり前だった。この場合、その環境はインフラとともに自分で責任を持って管理しなければならない。時が経ちクラウドの時代、OSSもパブリッククラウド上で使いたい。当初は、IaaSに自分でOSSをセットアップして利用した。これでハードウェアの管理はなくなったが、相変わらずOSやOSSの管理は必要だった。そこから時はさらに進み、今やさまざまなOSSがPaaSで提供されている。

OSSのデータベースを運用管理の手間なく使えるようにする

 「クラウド上でOSSの製品を使いながらも、エンタープライズレベルのサービスを欲しいのが顧客です」と語るのは、マイクロソフトのAzure DataチームでMySQLやPostgreSQL、MariaDBなどのOSS関連製品を担当するシニア・プログラムマネージャー イアン・エンゲルスバーグ氏だ。OSS製品をオンプレミス環境、あるいはIaaSにセットアップし使っている場合は、共通の課題があると指摘する。

シニア・プログラムマネージャー イアン・エンゲルスバーグ氏
シニア・プログラムマネージャー イアン・エンゲルスバーグ氏

 1つが、OSSのセットアップ作業が面倒なこと。さらにはOSSを動かすための、OSのセットアップも手間だ。またセキュリティの確保もしなければならず、利用しているOSSのバージョンアップやパッチ適用などのメンテナンスも課題となる。本番業務で利用するならば、当然ながら高い可用性も必要だ。もちろん継続的でEnd to Endのセキュリティモニターの仕組みも必要だろう。

 もう1つの課題が、適切な容量のリソースの割り当てだ。これはオンプレミスに比べ柔軟性の高いIaaSであっても、リソースプロビジョニングなどで問題が出ることがある。もちろんオンプレミスではハードウェアを購入するので、余分なリソースをあらかじめ用意するなど問題は大きい。

 また既にオンプレミスで動いているOSSベースのシステムを、クラウドに移行する際にはかなり手間がかかることがある。スムースな移行を求め、エンタープライズレベルのサービスを求める顧客がいる。これら課題を解決するために、マイクロソフトではOSSのリレーショナル・データベースであるMySQL、PostgreSQL、MariaDBをPaaSで提供することにした。それが、Azure Database for MySQL/PostgreSQL/MariaDBだ。

 「これでセキュリティパッチの適用やマイナーバージョンのアップデートも、自動更新となります。ユーザーがそれらの作業を行う必要はありません。セキュリティ関連のパッチは、できるだけ速く当てるようにしています。それ以外のマイナーアップデートは、リリースされてからサービスに支障を来さないかの検証を行い、確認してから適用します。こちらは基本的には1ヶ月に1回のペースで当てることになります」(エンゲルスバーグ氏)

 メジャーバージョンの更新は、公にできるような明確なルールは定まっていないとのこと。とはいえ、なるべく迅速に更新できるようにすると。迅速さは追求するが、当然ながら十分な検証を経た上でのこととなる。

次のページ
エンタープライズ向けにさまざまな工夫を加える

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/10625 2018/04/18 06:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング