SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press

アナリティクスで得られるインサイトをビジネスプロセスにつなぐ―Salesforce Einstein Analytics

データによる過去の状況の把握とこれから行うべきアクションのための予測が1つに

 Einstein Analyticsではダイナミックなビューを用いて、Salesforceプラットフォームの上で実行されているビジネスプロセスの全体像が見える。そこで何か気になるものが見つかれば、ドリルダウンして詳細な情報にシームレスにアクセスし確認できる。分析結果の可視化表現も多様で、傾向を把握し変化の様子もすぐに認識可能だ。

 また、ユーザーは会話形式でインタラクティブにアナリティクスの機能を利用できる。これらのアナリティクスの機能全てが、Salesforceのプラットフォームに上にある。そのため、得られたインサイトをきっかけにして、すぐにCRMのアプリケーションなどを用いてアクションを起こせる。

 Salesforceでは、もう1つアナリティクス機能を提供している。それが買収したBeyondCoreをベースとした「Einstein Discovery」だ。Einstein Discoveryでは、コードなどを書くことなしにデータの関連性を把握し、インサイトが得られる。データサイエンティストがいなくても利用でき、拡張性のある予測分析をすぐに行うことができる環境となっている。

 「Einstein Discoveryは、データから導き出されるストーリーをクリック1つで発見できます。そこからビジネスアウトカムにつながる予測が行えるのです」(カーカニス氏)

 Einstein Discoveryは、Salesforceのクラウドサービスの中に組み込まれた形で利用できる。たとえば、コールセンター担当者が問い合わせのあった顧客の状況をSalesforceの画面で確認する。その際には過去に何があったかだけでなく、これからどうなるかの予測も提示されるのだ。顧客のこれからの行動が予測できるので、担当者は次にどのようなアクションを取ればいいかの判断がすぐに行える。

 もちろんこういった機能は、営業プロセスでも同様だ。営業担当者がSalesforceにアクセスすれば、まずは自分が今、確認すべきことがプッシュ通知される。「これはデータのほうが、ユーザーに近づいてきていることでもあります」とカーカニス氏。そして通知された中から必要な情報をクリックして確認する。そこに表示される情報にはコンテキストがあり、Salesforce Einsteinにより重要だと判断された根拠のKPIの説明も表示される。その上で、案件獲得の可能性のレートが高くなるであろうアクションも予測して提示されるのだ。

 「Einstein Discoveryでは、アナリティクスとインテリジェンスが同じ画面に現れます。営業担当はそれらを毎日確認することで、何が起きているかの実績がまず分かります。そこから次に何をすべきかを確認したければ、Einsteinがお勧めするアクションの上位4つの項目がすぐ横に表示されているのです。1つを選んでクリックすれば、そのアクションのオポチュニティも確認できます。重要なのは予測が出て、予測マージンがなぜそうなっているかの説明が出ることです。マージンが上がる理由、下がる理由が提示され、そこから自分が取るべき行動を判断できます」(カーカニス氏)

左の画面で現状の把握ができ、すぐ右の表示で予測されたWinレートが上がる理由、下がる理由も確認できる
左の画面で現状の把握ができ、すぐ右の表示で予測されたWinレートが上がる理由、下がる理由も確認できる

 その上で、この画面から実際に顧客にコンタクトを取ると言ったアクションを取ることができる。アクションを起こせばSalesforceの情報もリアルタイムに更新され、次なる行動のための予測に反映されることになる。

次のページ
Einsteinのインテリジェンスを活かすにはビジネスに対する好奇心が必要

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーターかつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリスト...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/11054 2018/08/13 06:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング