SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Operation Online Press(PR)

マネジメントを“最適化”するのではなく“快適”にする――「プリザンター」生みの親に聞く中間管理層の課題とは?

 日々膨大な数のExcelシートと格闘しながら、情報の整理と可視化に多大な労力と時間を費やしている日本の中間管理層。もっと効率的に情報を扱い、意思決定を迅速化できる手段はないのか? ひいては、日々のマネジメント業務をもっと快適にできないのか? そんな思いから開発されたのが、Webデータベースアプリケーション「プリザンター」だ。同サービスを開発した株式会社インプリムの代表取締役社長の内田太志氏に、マネジメント業務の課題やプリザンター開発の経緯などについて話を聞いた。

自身の業務効率化のために始めた「プリザンター」の開発

 現代のビジネスの成否は、「情報をいかに活用できるか」で大きく左右されると言われている。そのため各企業とも積極的にITシステムを導入し、さまざまな情報を収集して従業員が活用できる環境を整備している。しかしたとえアクセスできる情報の量が100倍になっても、それを扱う人間の情報処理能力が100倍に向上したり、使える時間が100倍に伸びるわけではない。 

 実際にはITツールを導入して情報が社内に溢れれば溢れるほど、それに人が振り回される格好となり、逆に意思決定のスピードが低下してしまったり、判断を誤ってしまうことも十分起こり得る。特に企業の中間マネジメント層は、日々膨大な量のデータが詰まったExcelやメールと格闘しながら、情報の渦の中でもがき苦しんでいるのが実情ではないだろうか。

株式会社インプリム 代表取締役社長 内田 太志氏

 そんな日本企業のマネジメントの課題を何とか打破したいと、かつてたった1人でツールの開発に挑んだのが、現在は株式会社インプリム(以下、インプリム)の代表取締役社長を務める内田太志氏だ。もともと株式会社富士通エフサス(以下、富士通エフサス)で長らくマネジメント業務に従事していた内田氏は、日々の仕事の中でさまざまな課題を抱えていたという。

 「当時は常に複数のプロジェクトのマネジメントを同時並行で担当しており、細かな管理タスクを多数こなさなくてはなりませんでした。それぞれのタスクを処理するたびに、異なるシステムやツールを立ち上げたり、ファイルサーバやグループウェアの異なるフォルダを検索したり、メールを掘り返したりと、いちいち煩雑な作業を強いられていました。これらのタスクを、もっと汎用的なツール上でまとめて処理できれば、もっとマネジメントの効率が上がるのではないかと考え、自身で理想のツールの開発を始めました」  

 もともと同氏は、自身や同僚の業務を効率化できるさまざまなツールを自主的に開発・活用しており、周囲からも好評を博していた。その一環として、自身が日々行うさまざまマネジメント業務を1つでカバーできる汎用的な業務アプリケーションの開発を始めたのだ。その結果誕生したのが、現在インプリムが提供するオープンソースのWebデータベースアプリケーション「プリザンター」である。 

 現在は富士通エフサスを退職し、自身の会社でプリザンターのソリューションに取り組む内田氏だが、もともとは起業を前提には考えていなかった。

 「自身が勤務する会社や、富士通グループ内のさまざまな現場でマネジメント業務の効率化にプリザンターを役立ててもらえればと考えていたのですが、どうしても世間一般的な知名度や実績がないツールは受け入れてもらえず、歯がゆい思いをしていました。であれば、いっそのこと起業して世間一般の認知を得ようと考え、思い切って富士通エフサスを退職してインプリムを立ち上げることにしました」

次のページ
ExcelライクなUIを通じてさまざまな業務に対応する汎用ツール

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Operation Online Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

吉村 哲樹(ヨシムラ テツキ)

早稲田大学政治経済学部卒業後、メーカー系システムインテグレーターにてソフトウェア開発に従事。その後、外資系ソフトウェアベンダーでコンサルタント、IT系Webメディアで編集者を務めた後、現在はフリーライターとして活動中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/11122 2018/09/18 06:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング