SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press

クラウド選択の判断材料をいかにして「データ」に持っていくか?―Oracle×Cloudの戦略を読む


 クラウドは、SaaSから始まった。先陣を切ったのは、SalesforceでありNetSuiteだ。双方の会社が生まれる際に、クラウドでは出遅れているOracleの創業者でCTOのラリー・エリソン氏が関わっているのはちょっと興味深い。とはいえ現状、Oracle Fusion Appsがあり、NetSuiteを買収、SaaSではリーダーポジションを確保しているのがOracleだ。一方でAmazon Web Servicesが大きくリードしているのがIaaSであり、その上のPaaSだ。IaaS、PaaSの領域では、データをどう扱うかが鍵となると言うのは、米国Oracle データベース・サーバー技術担当エグゼクティブ・バイスプレジデントのアンドリュー・メンデルソン氏だ。

クラウド上でデータを扱うところではOracleはリードしている

アンディ・メンデルソン氏
アンディ・メンデルソン氏

 メンデルソン氏は「データベースなどをクラウドから提供するサービスは、まだ始まったばかりです。クラウドを選ぶ際に、IaaSのところがベストなのはどこかを考えがちですが、本来はデータを中心に考えなければいでしょう」と言う。これはデータベースベンダーのOracleならではの捉え方だろう。

 デジタル化が進む中で、変革をもたらす重要な要素となっているのがデータであることは周知の事実だ。ビジネスの中核にデータがある。そのデータをどう効率的に扱い、そこから利益を得られるようにするかが、クラウドを主とする次世代のITの大きな目的となる。クラウド上でデータを扱う面においてOracleは、他のベンダーよりもリードしているというのがメンデルソン氏の主張だ。

 Oracleには、既にさまざまなデータを扱えるデータベースがある。さらに、従来のデータに加えグラフデータやスペーシャルデータを扱うことにも注力している。その包括的なデータベースを、クラウド上で大量のデータを容易に扱えるようにするために提供している。このデータベースについては、オンプレミスで性能や機能、拡張性を実証してきたものだ。

 これをクラウドから提供する際に重要なキーワードとなるのが「オートノマス(Autonomous)」だ。Oracle Autonomous Database Serviceは、データセンターで人手を介して運用されているデータベースを自己稼動させるものだ。これでネットワーク管理者もシステム管理者も、さらにデータベース管理者の手間のかかっていた作業もなくすことができる。

 「まったく人手をかけずに、データベースとその下のインフラを動かすことができます。これで、アプリケーションの開発に人手をかけられるようにするのです」(メンデルソン氏)

 オートノマス化したことで、Oracle Autonomous Databaseのサービスにおける可用性は99.995%の稼働率を保証する。これを実現するためにOracle Cloudではオンラインのままセキュリティパッチなどまで当てて止めないサービスを実現している。「ここは他のクラウドとは、大きく異なるところです」とメンデルソン氏。多くのクラウドベンダーがソフトウェアのバグへの対応などでサービスを止めることを例外としてSLAに含めていないが、Oracleの場合はそれを含めて99.995%のSLAを保証する。

次のページ
自動チューニング機能でデータベースチューニングの専門家のコストも削減する

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/11518 2018/12/18 15:05

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング