SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Do IT Well(PR)

徳川時代のマルチ幕藩 powered by IBM

藩ごとに異なるニーズに対応します。IBM Cloud×暮らしのITまんがです。

まんがの続きはこちらからどうぞ!

(*IBMのサイトに飛びます)

ハイブリッド・クラウド、マルチクラウドへの備えはできていますか?

 

 気づけば、さまざまなインフラストラクチャーやソリューションを採用し、異なる管理ツールや手法で、複数のクラウド・サービスやオンプレにまたがった管理が負担になっていませんか。

 クラウド・サービスでは提供ベンダーにごとに独自のツールを使用するので、複雑さが増し、コストが増える可能性があります。ハイブリッド・クラウドやマルチクラウド環境は今日当たり前になってきているにも関わらず、管理とセキュリティに関する課題は山積みです。

  1.  自社が提供するクラウド環境のサービスは、パフォーマンス、サービス面で利用部門からの高い評価を得られていますか?
  2. ハイブリッド・クラウド、マルチクラウド環境の管理で、IT担当者が疲弊していませんか?
  3. クラウド環境を最適化し、コスト効率の高い状態で運用できていると自信をもてますか?

ハイブリッド・クラウド、マルチクラウド環境を最適化しましょう。

 

クラウド最適化を進めましょう!詳しくはこちらから!

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Do IT Well連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

市田(イチダ)

 マンガ家・イラストレーター。2003年ごろから個人WEBサイトでマンガを公開していますがIT技術的なことはさっぱりわかりません。著書に「家に帰ると妻が死んだふりをしています」(PHP研究所)「日本霊異記」「こっそり行きたい欲望ご利益神社」(KADOKAWA)など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/11576 2019/01/09 14:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング