Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

国内働き方改革ICT市場、2017年~2022年の年間平均成長率7.6%で拡大し2022年には3兆2,804億円に――IDC発表

  2019/01/09 16:00

 IDC Japanは、日本国内における働き方改革ICT市場予測を発表した。これによると、2017年の市場規模(支出額ベース)は2兆2,769億円、2017年~2022年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は7.6%で成長し、2022年の規模は3兆2,804億円まで拡大すると予測している。

成長を牽引するのはITサービス/ビジネスサービスとソフトウェア

 IDCでは、ICT市場をハードウェア、ソフトウェア、ITサービス/ビジネスサービス、通信サービスに分類し、市場規模を予測している。

 これら4分野の中から、働き方改革の主目的である労働時間の短縮、労働生産性の向上、時間と場所に柔軟性を持たせた働き方の促進、ルーティンワークの削減、ワークライフバランスの向上といった取り組みをサポートするテクノロジーの市場規模を積み上げ、働き方改革ICT市場として算出した結果、同市場は2022年には3兆2,804億円の規模に達するとIDCは予測している。

 成長率が最も高い分野は、ITサービス/ビジネスサービスで、同CAGRが22.1%、続いてソフトウェアが12.2%、通信サービスは3.0%、ハードウェアは0.8%と予測している。

 国内働き方改革ITサービス/ビジネスサービスの市場規模は、2017年では約2,800億円と最も小規模だが、エンタープライズモビリティ向けとコグニティブ/AIシステム向けの急成長によって、2022年には約7,500億円まで拡大すると予測している。

 働き方改革に関する国内ソフトウェア市場は、2017年にすでに5,400億円と大規模市場だが、2022年まで順調に拡大し約9,700億円に達するとみている。同市場は、コラボレーション、プロダクティビティ(生産性)、セキュリティ、RPA(Robotics Process Automation)、アナリティクス/AIなど、どれひとつをとっても働き方改革にとって重要なテクノロジーで構成されており、働き方改革の原動力と言える市場になる。

 働き方改革に関わる通信サービスには、企業向けデータ通信のみが含まれているので、一般的な通信サービス市場よりかなり小規模となっている。働き方改革に関わるハードウェア市場は、大部分が買い替え需要に支えられおり、2017年~2022年のCAGRは最も低くなっている。

 安倍内閣の働き方改革は3年目に入り、2019年4月には働き方関連法案が順次施行され、時間外労働違反には罰則が課せられるようになる。民間企業では、過去2、3年は残業時間の削減のための施策が目立っていたが、2018年に入るとICTを積極的に活用した生産性の向上、ルーティンワークの削減、柔軟な働き方の実現といった取り組みが話題に上ることが多くなった。

社外パートナーや顧客との関係性までを対象とする海外と比べ国内の改革は見劣り

 たとえば、RPAは膨大なルーティンワークを抱える企業を中心に試験導入から本格導入へと進んでいる。また、働き方改革関連法案の成立を機に、当月の残業時間の予測機能を提供したり、さらに働き方の見える化や働き方の分析を行うツールの注目度も増している。

 アナリティクス/AIは、各ソフトウェアと組み合されることによって、高度な自動化、個人の知識とノウハウの共有化、人の判断のサポートといった分野で急速に応用が進み、人とRPAなどのデジタルワーカーの協働、人の働き方の根本的な見直しへの機運が高まりつつあるとIDCでは判断している。

 一方で、海外に目を向けると、ワークカルチャー、ワークスペース、ワークフォースの3つの領域で従業員、パートナー、顧客とのエンゲージメント方法を再創造し、持続可能な競争優位性の獲得を最終目的とする「働き方の未来(Future of Work)」の取り組みが活発化している(2018年 国内働き方の未来 ビジネスユーザー動向分析調査:日本とアジア太平洋地域の比較参照)。

 国内の働き方改革では、残業時間の短縮や生産性の向上、柔軟な働き方の実現など内向きな取り組みが大勢を占めており、社外のステークホルダーであるパートナーや顧客との関係性までを対象とする海外の取り組みと比べると、国内の改革は見劣りするとIDCでは判断している。

 IDC Japan PC,携帯端末&クライアントソリューション グループマネージャーの市川 和子氏は、「海外の働き方変革(働き方の未来)は、価値の創造、そこからもたらされる競争優位性の獲得を見据えて進んでいる。目の先の残業時間の短縮や労働生産性の向上で足踏みしている国内企業は、10年後、20年後に存続が危うくなるであろう」と述べている。

参考資料:国内働き方改革ICT市場予測、2022年(作成:IDC Japan)

 今回の発表について詳細は、IDCが発行したレポート「国内働き方改革 ICT市場予測、2018年~2022年:ハードウェア、ソフトウェア、ITサービス/ビジネスサービス、通信サービス別」にその詳細が報告されている。

 レポートでは、働き方改革ICT市場を構成するハードウェア、ソフトウェア、ITサービス/ビジネスサービス、通信サービス市場ごとの市場規模の予測と、ハードウェア、ソフトウェア、ITサービス/ビジネスサービスについては、さらに細分した市場の規模の予測を提供している。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5