SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press

オリンパス、ICT-AI構想を明かす――プラットフォームにAzureを採用

 オリンパスと日本マイクロソフトは、オリンパスのAIやIoTのプラットフォームにMicrosoft Azureを採用していることを発表した。オリンパスはMicrosoft Azureで構築したICT-AIプラットフォームで、既存製品サービスの付加価値を高め、新規ビジネス開拓などを進めている。

オリンパスとマイクロソフト、IoTやAIを活用したサービス提供で協業

 2019年に創業100周年を迎えるオリンパスは、顕微鏡、内視鏡、カメラをはじめとする精密機器メーカー。研究者、医者、写真家など、スペシャリストたちを支える企業でもある。  

 近年「クロスイノベーション」として、同社が持つコア技術を活かし、パートナーとともに社会的課題を解決するオープンイノベーションに取り組んでいる。加えて2019年1月にはグローバルなメディカルテクノロジーカンパニーを目指すための企業変革プラン「Transform Olympus」を発表した。同社は事業も、経営も、変わろうとしている。

オリンパス株式会社 技術統括役員(CTO) 兼 技術開発部門長 小川治男氏

 クロスイノベーションの取り組みには、センシング技術を発展させた先進的な検査や、外科手術や内視鏡検査をサポートする情報制御などがある。多くが機器の制御、センサーからのデータ収集、データ解析などを必要としており、これらはIoT、ビッグデータ分析やAIへとつながる。もちろんクラウドのプラットフォームも必要となる。  

 現在オリンパスとマイクロソフトの間でいくつかのプロジェクトが進められている。すでに形になっているのがIoTのためのクラウドサービス「OLYMPUS Scientific Cloud」。センサーやデバイスが取得した測定値ファイルの共有や、デバイスにあるソフトウェアを更新するなどのサービスを提供する。小川氏によると、今後このプラットフォームから、共同作業、予兆保全、データ保護といったサービスを増強していく予定だという。

データをつなぐOLYMPUS Scientific Cloud[画像クリックで拡大表示]

次のページ
Azure上のICT-AIプラットフォームを通じAIサービスを加速

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

加山 恵美(カヤマ エミ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/11797 2019/03/13 08:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング