SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Operation Online Press(PR)

バイモーダルを実現、相互運用性とデータの流動性を担保するデータプラットフォーム――InterSystems IRIS

 レガシーシステムの維持と運営が足かせとなり、デジタルトランスフォーメーションなど新たな取り組みに進めない企業は多い。レガシーのモード1と、新しいモード2を両立するには何が必要か。インターシステムズジャパン株式会社 ビジネスデベロップメント 佐藤比呂志氏が語った。

レガシーシステムが抱える課題やリスクには抜本的な解決が必要だ

インターシステムズジャパン株式会社 ビジネスデベロップメント 佐藤比呂志氏

 経済産業省が発表した「デジタルトランスフォーメーションレポート ~ITシステム『2025年の崖』の克服とDXの本格的な展開~」では、現状のITシステムが抱える課題やリスクが多く指摘されている。「2025年問題」とは、団塊の世代が後期高齢者となり日本が未曽有の高齢化社会になることを指す。また、一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)の調査によると、国内企業の約8割がレガシーシステムを抱えており、IT予算の多くが維持や運営に割り当てられている。維持や運営がIT予算の9割を占める企業は実に4割を超える。これだけ維持や運営にかかると、新しい取り組みを始めようにも始められない。

 人材活用にも問題がある。ただでさえ不足しているIT人材がレガシーシステムの保守や運用にかかりきりになっている。なかには保守や運用が属人的となり「継承が困難」と考える事業者は6割を超える。

 多くの企業でレガシーシステムが足かせとなり、デジタルトランスフォーメーションなど新しい取り組みを阻んでいる。

 ITシステムに目を向けると、日本は品質の高さには定評があるが、今までに存在しない全く新しい製品やサービスを生み出すことは得意ではない。そして今、日本は少子高齢化が急速に進み、生産人口減少に伴う人手不足が深刻だ。レガシーシステムの保守は属人的なところがあり、熟練技術者の引退に伴い暗黙知が継承されないことが問題となっている。

 さらにITシステムは非構造化データやIoTデータの活用でデータボリュームは爆発的に増加している。管理当局の規制強化もあり、やるべきことは山積している。そうするとしわ寄せは現場の人間に及ぶ。見逃しの増加やみなし検査などの意図的な省略が起こり、いろいろな問題を引き起こしている。佐藤氏は「これ以上の先送りはやめて、抜本的な解決が必要では?」と問題提起する。

次のページ
全て刷新するのは無理がある、バイモーダルで両立するには何が必要か

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Operation Online Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

加山 恵美(カヤマ エミ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/11827 2019/03/27 06:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング