Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

国内WANサービス市場、2018年はクラウドへの新規接続急増などで前年比成長率6.6%で5,954億円と成長――IDC発表

  2019/04/15 17:30

 IDC Japanは、通信事業者が法人向けに提供するWAN(Wide-Area Network:広域ネットワーク)サービスの国内市場シェアと市場予測を発表した。これによると、NTTコミュニケーションズが国内WANサービス市場の約3割のシェアで首位を獲得した。

2018年は市場シェア28.7%を持つNTTコミュニケーションズが首位

 2018年の国内WANサービス市場は、前年比成長率6.6%、市場規模5,954億円だった。企業の拠点間などを接続するWANサービスはすでに多くの企業に普及しているが、クラウドサービスへの新たな接続需要の急増などによって市場は拡大した。

 国内WANサービス市場は、大手5社で市場の8割以上のシェアを占める寡占市場だが、WANサービスのコモディティ化とともに通信事業者間の競争はますます激しくなっている。

 この市場で最大シェア(28.7%)を持つNTTコミュニケーションズは、先進技術への積極的な取り組み、グローバルビジネスの積極展開、WANサービスとマネージドサービス、セキュリティサービスなどのワンストップ提供などによる差別化を図ることで市場シェアトップを維持している。

 これを、KDDI(市場シェア18.0%)、ソフトバンク(同14.9%)が積極攻勢で追い上げている。また、NTT西日本(同12.2%)、NTT東日本(同10.4%)は地域市場で高い信頼を獲得している。

競争の焦点はSD-WANや5Gなど新技術によるソリューション指向のWANサービスへ

 今後の企業WANは、クラウドの利用拡大やデジタル変革への取り組みによって複雑化し、ニーズが多様化していくと予測される。また、SD-WAN(Software Defined-Network)などのネットワーク仮想化技術や5Gが企業WANに新しいアーキテクチャをもたらすと考えられる。

 IDC Japan コミュニケーションズ リサーチマネージャーの小野陽子氏は、「通信事業者が今後、国内WANサービス市場でシェアを拡大するには、単純な回線販売から、SD-WANや5Gなどの新技術を活用し、企業のさまざまなニーズに対応可能なソリューション型のWANサービスを提供していく必要がある」と述べている。

参考資料:国内WANサービス市場 通信事業者別 売上額シェア、2018年(作成:IDC Japan)

 今回の発表は、IDCが発行した「国内WANサービス市場シェア、2018年:複雑化する企業 WANに対する新たなソリューション競争」および「国内通信サービス市場予測、2019年~2023年:DX における通信サービスの市場機会」にその詳細が報告されている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5