SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Operation Online Press

匠の技はARで学べ――PTC、ARを活用したトレーニングコンテンツソリューションを発売へ


 PTCジャパンは2019年4月8日、製造現場などの作業内容を、AR(拡張現実)ウエアラブルデバイスで直接記録し、編集できるソリューション「Vuforia Expert Capture(以下、Expert Capture)」に関する説明会を開催した。

 Expert Captureは、同年4月初頭に独ハノーバーで開催された「HANNOVER MESSE 2019」にて発表されたもの。熟練作業者の技能伝承と、新人作業者のトレーニングを目的としている。すでにアーリーアダプター向けには200ユーザーを限定に、15万ドルで提供を開始している。日本での発売は同年5月9日を予定しているという。

 説明を行った米PTCでVuforia(AR)担当 シニアディレクターのマット シェリダン(Matt Sheridan)氏は、「Expert Captureは、労働人口の減少と熟練作業者の高齢化による知識伝承に関する課題を解決するものだ。熟練作業者が持つノウハウを、ARを使って直接記録することで、(技能伝承ができないといった)ナレッジギャップを解消し、未熟な作業員でも理解できるARトレーニングコンテンツが短時間で作成する」とそのメリットを強調した。

米PTC Vuforia(AR)担当 シニアディレクターのマット シェリダン(Matt Sheridan)氏
米PTC Vuforia(AR)担当 シニアディレクター
マット シェリダン(Matt Sheridan)氏

 Expert Captureは、PTCが2018年4月に買収したベンチャー企業Waypoint Labsが有する開発技術をベースにしている。米マイクロソフトの「HoloLens」や米リアルウェアの「RealWear HMT-1」といったARウエアラブルデバイスを装着した技術者が、実際に作業をしながら一連の動作を記録する。技術者の“視点”で見たモノを言葉(音声)で記録したり、作業状況をジェスチャーで確認したりできる。シェリダン氏は、「ウエアラブルデバイスはハンズフリーなので、場所や時間を問わず、すばやく記録できる」と説明する。

「Vuforia editor」の画面。ドラッグ・アンド・ドロップでデータ生成が可能。
「これまで6~8時間要していた作業が30程度で完了する」とのことだ

 記録した内容はSaaS(Software as a Service)の専用編集ソフト「Vuforia editor」で編集が可能。汎用的な動画編集ソフトと同様に、ドラッグ・アンド・ドロップでデータ生成できる。手順全体に文字情報や写真、キャプションを付けたり、重要な作業の場面では他のメディアデータを追加したりできる。なお、生成したコンテンツは、スマートフォンやタブレット端末など、表示するデバイスに応じて最適化が可能だ。

「Vuforia Expert Capture」は、作業内容を記録する「Vuforia Capture」とコンテンツ専用編集ソフトの「Vuforia editor」、コンテンツを表示させる「Vuforia View」の3のプロセスで構成される(画面提供:PTCジャパン)
「Vuforia Expert Capture」は、作業内容を記録する「Vuforia Capture」とコンテンツ専用編集ソフトの「Vuforia editor」、コンテンツを表示させる「Vuforia View」の3のプロセスで構成される(画面提供:PTCジャパン)

 シェリダン氏は、「例えば、HoloLensであれば、ハンズフリーで作業をしながら口頭で記録できる。これまで、作業マニュアルを作成する場合には、現場で記録した内容を紙に落とし込む必要があった。しかし、Expert Captureを活用すれば、作業現場という“実際の空間定義”の中で、その場で必要な作業内容を、熟練作業者の視点で記録できる。作業者は記録のために作業の手を止める必要がない」と語る。

次のページ
マニュアル手順作成時間とコストが10ぶんの1に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Operation Online Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

鈴木恭子(スズキキョウコ)

ITジャーナリスト。
週刊誌記者などを経て、2001年IDGジャパンに入社しWindows Server World、Computerworldを担当。2013年6月にITジャーナリストとして独立した。主な専門分野はIoTとセキュリティ。当面の目標はOWSイベントで泳ぐこと。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/11945 2019/04/19 14:15

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング